ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Relay

2 つの定数間で出力を切り替え

  • ライブラリ:
  • Simulink / Discontinuities

    HDL Coder / Discontinuities

説明

Relay ブロックの出力は、指定した 2 つの値の間で切り替わります。Relay がオンの場合、入力が [スイッチ オフ ポイント] パラメーターの値以下になるまでオンの状態です。Relay がオフの場合、入力が [スイッチ オン ポイント] パラメーターの値を超えるまでオフの状態です。ブロックは 1 つの入力を受け入れ、1 つの出力を生成します。

メモ

初期入力が [スイッチ オフ ポイント] 値と [スイッチ オン ポイント] 値の "間" に来たときの初期出力は、リレーがオフになったときの値です。

端子

入力

すべて展開する

リレーをオンまたはオフに切り替える入力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point

出力

すべて展開する

出力信号は、パラメーター [オンの時の出力][オフの時の出力] で決定される 2 つの値の間で切り替わります。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated

パラメーター

すべて展開する

入力がこのしきい値を超えると、リレーはオンに切り替わります。[スイッチ オン ポイント] 値は、[スイッチ オフ ポイント] 値以上であることが求められます。[スイッチ オン ポイント] 値を [スイッチ オフ ポイント] 値より大きく指定するとヒステリシスのモデルが作成され、等しい値を指定するとその値をしきい値とするスイッチのモデルが作成されます。

[スイッチ オン ポイント] パラメーターは、最近傍の丸めと飽和方法を使用してオフラインで入力データ型に変換されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OnSwitchValue
: 文字ベクトル
: スカラー
既定の設定: 'eps'

入力がこのしきい値を超えると、リレーはオフに切り替わります。[スイッチオフ ポイント] の値は [スイッチオン ポイント] 以下でなければなりません。[スイッチ オフ ポイント] パラメーターは、最近傍の丸めと飽和を使用してオフラインで入力データ型に変換されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OffSwitchValue
: 文字ベクトル
: スカラー
既定の設定: 'eps'

リレーがオンの場合の出力値。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OnOutputValue
: 文字ベクトル
: スカラー
既定の設定: '1'

リレーがオフの場合の出力値。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OffOutputValue
: 文字ベクトル
: スカラー
既定の設定: '0'

ブロックでサンプルベースかフレームベースのどちらの処理を実行するかを指定します。

  • チャネルとしての列 (フレーム ベース) — 入力の各列を独立したチャネルとして扱います (フレームベースの処理)。

    メモ

    フレームベースの処理には、DSP System Toolbox™ のライセンスが必要になります。

    詳細については、サンプルベースおよびフレームベースの概念 (DSP System Toolbox)を参照してください。

  • チャネルとしての要素 (サンプル ベース) — 入力の各要素を独立したチャネルとして扱います (サンプルベースの処理)。

[入力処理] を使って、ブロックでサンプルベースかフレームベースのどちらの処理を実行するかを指定します。ブロックは、入力 u にフレームベースの信号を受け入れます。その他すべての入力信号はサンプルベースでなければなりません。

入力信号 u入力処理モードブロックは動作するか
サンプルベースサンプルベースはい
フレームベースいいえ、エラーが発生
サンプルベースフレームベースはい
フレームベースはい

これらの 2 つの処理モードの詳細については、サンプルベースおよびフレームベースの概念 (DSP System Toolbox)を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: InputProcessing
: 文字ベクトル
: 'Columns as channels (frame based)' | 'Elements as channels (sample based)'
既定の設定: 'Elements as channels (sample based)'

ゼロクロッシング検出を有効にする場合は選択します。詳細については、ゼロクロッシング検出を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ZeroCross
: 文字ベクトル、string
: 'off' | 'on'
既定の設定: 'on'

サンプル時間を -1 以外の値で指定します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

依存関係

このパラメーターは、明示的に -1 以外の値に設定されていない限り表示されません。詳細は、サンプル時間が推奨されないブロックを参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
型: 文字ベクトル
値: スカラー
既定の設定: '-1'

Simulink® がチェックする出力範囲の下限値。

Simulink は、最小値を使って以下を行います。

メモ

[出力の最小値] により、実際の出力信号が飽和する (またはクリップされる) ことはありません。代わりに、Saturation ブロックを使用してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutMin
: 文字ベクトル
: '[ ]'| スカラー
既定の設定: '[ ]'

Simulink がチェックする出力範囲の上限値。

Simulink は、最大値を使って以下を行います。

メモ

[出力の最大値] により、実際の出力信号が飽和する (またはクリップされる) ことはありません。代わりに、Saturation ブロックを使用してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutMax
: 文字ベクトル
: '[ ]'| スカラー
既定の設定: '[ ]'

出力データ型を指定します。以下を指定可能です。

  • データ型継承ルール (例: 継承: 逆伝播による継承)

  • 組み込みデータ型名 (例: single)

  • データ型オブジェクト名 (例: Simulink.NumericType オブジェクト)

  • データ型を評価する式 (例: fixdt(1,16,0))

  • 列挙データ型 (例: Enum:BasicColors)

    この場合、[オンの時の出力] および [オフの時の出力] は同じ列挙型でなければなりません。

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、[出力データ型] パラメーターの設定に役立つ [データ型アシスタント] を表示します。

詳細は、信号のデータ型の制御を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutDataTypeStr
: 文字ベクトル
: 'Inherit: Same as input''Inherit: Inherit via back propagation''single''int8''uint8'int16'uint16''int32''uint32''int64''uint64'fixdt(1,16,0)fixdt(1,16,2^0,0)fixdt(1,16,2^0,0)'<data type expression>'
既定の設定: 'Inherit: Same as input'

このパラメーターを選択して、このブロックについて指定したデータ型を固定小数点ツールがオーバーライドするのを防止します。詳細については、出力データ型設定のロック (Fixed-Point Designer)を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: LockScale
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

はい

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入