Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Action Port

アクション信号の制御端子のサブシステムへの追加

  • ライブラリ:
  • Ports & Subsystems

  • Action Port block

説明

The Action Port ブロックは、これらのサブシステム ブロックの実行を制御します。

パラメーター

すべて展開する

Action Port ブロックのサブシステムが再び有効になるときの内部状態の処理方法を選択します。

保持

サブシステムが再度有効になるとき、サブシステムの以前の状態値を保持します。呼び出し間の以前の状態値は、If ブロックまたは Switch Case ブロックに接続する他のサブシステム ブロックを呼び出しても保持されます。

リセット

サブシステムが再度有効になるとき、状態値を再度初期化します。

以前は false であったサブシステムのアクション端子の論理式が true であると評価される場合、サブシステムは再度有効になります。次の例では、サブシステム AB の両方の Action Port ブロックの [実行を再開時の状態] パラメーターが [リセット] に設定されています。

case[1]true の場合は、サブシステム A が実行されます。サブシステム A に対する呼び出しが繰り返されても、case [1]true のままである間は状態値はリセットされません。同じ動作がサブシステム B にも適用されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: InitializeStates
: 文字ベクトル
: 'held' | 'reset'
既定の設定: 'held'

可変サイズの信号をいつ伝播するかを選択します。

実行の再開時のみ

Action Port ブロックを含むサブシステムを再度有効にするときにのみ、可変サイズの信号が伝播されます。

実行中

各タイム ステップで可変サイズの信号を伝播します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: PropagateVarSize
: 文字ベクトル
: 'Only when execution is resumed' | 'During execution'
既定の設定: 'Only when execution is resumed'

モデルの例

R2006a より前に導入