Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

信号処理

DSP System Toolbox™ ソフトウェアを使用した信号処理と通信システムのモデル化

Simulink® 環境で信号処理システムをモデル化するには、DSP System Toolbox ソフトウェアの使用を検討してください。

DSP System Toolboxには、信号処理システムの設計およびシミュレーションを行うためのアルゴリズムとツールが用意されています。これらの機能は、MATLAB® 関数、MATLAB System object、および Simulink ブロックとして提供されます。このシステム ツールボックスには、特殊な FIR フィルターや IIR フィルターの設計法、FFT、マルチレート処理、およびストリーミング データ処理やリアルタイム プロトタイプ作成のための DSP 技術が含まれています。これにより、適応フィルターやマルチレート フィルターを設計したり、計算効率の高いアーキテクチャによるフィルターの実装、浮動小数点デジタル フィルターのシミュレートを行うことができます。ファイルやデバイスからの信号 I/O、信号生成、スペクトル解析、および対話型の可視化の各種ツールを使用した、システム動作やパフォーマンスの解析が可能です。ラピッド プロトタイピングと組み込みシステムの設計用に、システム ツールボックスでは固定小数点演算と C コードまたは HDL コードの生成がサポートされています。

トピック

Simulink 信号処理入門

信号処理アプリケーション

DSP システムのモデル化について

  • サンプルベースおよびフレームベースの概念 (DSP System Toolbox)
    実際のサンプルベースとフレームベースの信号、および MATLAB と Simulink でこれらの信号をモデル化する方法の紹介。
  • Delay and Latency (DSP System Toolbox)
    Configure the Simulink environment to minimize delay and increase simulation performance.
  • 固定小数点信号処理 (DSP System Toolbox)
    全般的な固定小数点アプリケーション開発の長所とシステム ツールボックス ソフトウェアに固有の固定小数点サポートの長所を説明し、固定小数点信号処理開発の一般的な使用例を示します。
  • 可変サイズの信号の基礎
    サイズと値をシミュレーション中に変更できる、可変サイズの信号を作成する。
  • ブロック パラメーター値の調整と試行
    モデルの作成時に、Transfer Fcn ブロックの係数などのブロック パラメーターを試して、使用するブロックを決定することができます。

関連情報