Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0623: 連続系遅延ブロックと離散系遅延ブロックの使い分け

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a

  • JMAAB — a

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

Unit Delay ブロックまたは Delay ブロックは、離散モデルまたはサブシステムで使用します。

Memory ブロックは、連続タイプのモデルまたはサブシステムで使用します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

Unit Delay ブロックが、離散タイプのモデルで使用されています。

例 — 誤

Memory ブロックが、離散タイプのモデルで使用されています。

根拠

サブ ID a:

  • ルールに準拠すると、モデルの可読性が向上します。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check usage of Memory and Unit Delay blocks (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入