Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

連続時間と離散時間の間の信号変換

sldemo_fuelsys モデルは、Rate Transition ブロックを使用して、信号を連続時間と離散時間の間で変換する方法を示します。

To Controller サブシステムにおいて、Rate Transition ブロックは信号を連続時間から離散時間に変換します。これにより、その離散時間信号を fuel_rate_control サブシステムで処理することができます。

To Plant サブシステムは、Rate Transition ブロックを使用して fuel_rate_control サブシステムの離散時間出力を連続時間に再変換します。

関連するトピック