Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0531: デフォルト遷移

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a、b、c、d、e、f、g

  • JMAAB — a、b、c、d、e、f、g

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

Stateflow® Chart (Stateflow)[構造] が [Exclusive (OR)] の場合、デフォルト遷移は、Chart ブロックの最上部に接続します。

ステートの [構造] が [Exclusive (OR)] の場合、デフォルト遷移はステートの直下に接続します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

デフォルト遷移線は最上部に接続されています。

例 — 誤

デフォルト遷移線は接続されていません。

サブ ID b

[構造] が [パラレル (AND)] に設定されている場合、デフォルト遷移線は接続しません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

ステート AA と AB の親オブジェクトの [構造] が [Parallel (AND)] に設定され、ステート AA と AB はパラレル ステートになっています。これらのパラレル ステートでは、デフォルト遷移線は接続されていません。

例 — 誤

パラレル ステート AA で、デフォルト遷移線が接続されています。

サブ ID c

同一レベルに複数のデフォルト遷移を含みません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

同一レベルに複数のデフォルト遷移が含まれていません。

例 — 誤

複数のデフォルト遷移が、ステート A の同一レベルに含まれています。

サブ ID d

デフォルト遷移は直接接続され、ステートまたはコネクティブ ジャンクションの上部に垂直に配置されます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

デフォルト遷移は、ステートの上部に垂直に接続されています。

例 — 誤

ステート A のデフォルト遷移は、ステートの上部に垂直に接続されていません。

サブ ID e

デフォルト遷移の遷移先のステートまたは遷移先のコネクティブ ジャンクションは、同じレベルの左上に配置します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

デフォルト遷移は、同じレベルの左上に配置されています。

例 — 誤

ステート AB のデフォルト遷移は、同じレベルの左上に配置されていません。

サブ ID f

デフォルト遷移は、ステートの境界を越えません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

デフォルト遷移は、ステートの境界内にあります。

例 — 誤

デフォルト遷移は、ステートの境界を越えています。

サブ ID g

コンフィギュレーション パラメーター [無条件のデフォルト遷移がない] は [Error] に設定して、デフォルト遷移の移行パスで、優先順位の最も低いパスが無条件の遷移になるようにします。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

デフォルト遷移の遷移パスで最も優先順位の低いパスは無条件遷移です。

例 — 誤

デフォルト遷移の遷移パスで最も優先順位の低いパスは無条件遷移ではありません。

根拠

サブ ID a:

  • ステート チャートにデフォルト遷移線が含まれていない場合、シミュレーション エラーが発生します。

  • デフォルト遷移がフロー チャートに含まれている場合、これが意図的か、挿入できなかったものであるか判断できません。

サブ ID b:

  • 不要なデフォルト遷移がない場合可読性が向上します。

サブ ID c:

  • ステートは目的どおりに機能しない可能性があり、複数のデフォルト遷移が同じレベルに含まれている場合は警告が発生します。

サブ ID d:

  • デフォルト遷移の角度や位置に曲線やばらつきがあると、可読性が低下します。

サブ ID e:

  • デフォルト遷移の遷移先のステートまたは遷移先のコネクティブ ジャンクションの位置にばらつきがある場合、可読性が低下します。

サブ ID f

  • デフォルト遷移がステートの境界を越えてステートの境界や式と交差すると、可読性が低下します。

サブ ID g:

  • デフォルト遷移の遷移パスに無条件遷移がないときに、遷移パスのすべての条件が満たされないと、遷移先がなくなります。これにより、意図しない動作になる可能性があります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check default transition placement in Stateflow charts (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入