Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ステート構造

各ステート (またはチャート) には、含めることのできるサブステートの種類を決定する "構造" が含まれています。スーパーステートのすべてのサブステートは、スーパーステートの構造とタイプが一致していなければなりません。ステートの構造は、排他的 (OR) またはパラレル (AND) です。

排他的 (OR) ステート構造

実線の境界をもつサブステートは、排他的 (OR) ステート構造を示しています。この構造は、互いに排他的な動作モードの記述に使用します。ステートに排他的 (OR) 構造が含まれる場合、一度にアクティブにできるサブステートの数は 1 つに限定されます。

以下の例では、ステート A またはステート B がアクティブになります。ステート A がアクティブな場合、ステート A1 またはステート A2 のいずれかをアクティブにできます。

パラレル (AND) ステート構造

破線の境界をもつサブステートは、パラレル (AND) 構造を示しています。この構造は、同時動作モードの記述に使用します。ステートがパラレル (AND) 構造をもつ場合、すべてのサブステートは同時にアクティブになります。

以下の例では、ステート A がアクティブになると、A1A2 の両方が同時にアクティブになります。

パラレル ステート内のアクティビティは、以下の例で示すように、基本的に独立しています。

以下の例では、ステート A がアクティブになると、ステート BC の両方が同時にアクティブになります。ステート C がアクティブになると、ステート C1 またはステート C2 のどちらかがアクティブになります。