Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0171: 構造サブシステム間の接続関係の明確化

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — 推奨事項なし

  • JMAAB — a、b

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

少なくとも 1 本の信号線で 2 つの構造サブシステムを接続します。

2 つの構造サブシステム (A および B) 間に双方向の信号接続が存在する場合、各方向は少なくとも 1 本の信号線に接続されます。

例外

Goto ブロックと From ブロックを使用してバスを作成するか、信号を Merge ブロックに接続します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID b

構造サブシステム内で使用されていない信号は、構造サブシステムに入力します。これらの信号は、他の構造サブシステムまたは基本ブロックの出力になりません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

信号線の交差を避けるために、サブシステムで使用されない信号を接続しています。

根拠

サブ ID a:

  • 構造サブシステムの接続と実行順序を明確にします。

サブ ID b:

  • 不要な接続を排除することで、接続間の関係が明確にします。

  • ルールから外れると、未使用の入力/出力信号により混乱が生じる可能性があります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check connections between structural subsystems (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入