Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

指定不足の初期化の検出

説明

条件付き実行サブシステム、Merge ブロック、サブシステムの経過時間、および Discrete-Time Integrator ブロックの初期条件の初期化を Simulink® ソフトウェアでどのように処理するかを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 簡易

クラシック

初期条件が初期化される方法は R2008b より前のリリースと同じです。

簡易

初期条件の初期化に使用される動作が改善されているため、シミュレーションの結果の一貫性が高まる可能性があります。

ヒント

依存関係

[クラシック] を選択すると、以下のパラメーターが有効になります。

  • [同じタイム ステップで実行する複数の駆動ブロックを検出]

  • 定義されていないサブシステムの初期出力のチェック

  • 実行コンテキストの実行時の出力をチェック

[簡易] を選択すると、これらのパラメーターは無効になり、[同じタイム ステップで実行する複数の駆動ブロックを検出]エラー に自動的に設定されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: UnderspecifiedInitializationDetection
値: 'Classic' | 'Simplified'
既定の設定: 'Classic'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ簡易
トレーサビリティ簡易
効率性簡易
安全対策簡易

参考

|

関連するトピック