ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

簡易初期化モード

初期化モードは Simulink® による以下の処理方法を制御します。

  • 条件付き実行サブシステムの初期値。

  • Merge ブロックの初期値。

  • Discrete-Time Integrator ブロック。

  • サブシステムの経過時間。

モデルの既定の初期化モードは、[簡易] です。このモードでは、改良された処理を使用してシミュレーション結果の一貫性が向上され、次のような利点が得られます。

  • 異なるモデルで同じブロックを使用したときに、同じ入力で同じシミュレーション結果を得ます。

  • モデルに変更を加えたときに、シミュレーション結果に予期しない変更が生じることを回避します。

簡易初期化を使用する場合

以下のブロックを 1 つ以上含むモデルに対して、簡易初期化モードを使用します。

  • 条件付きサブシステム ブロック。

  • Merge ブロック。ルート Merge ブロックが初期出力値に空行列 ([]) をもつ場合、簡易モードは出力データ型の既定のグラウンド値を使用します。

  • Discrete-Time Integrator ブロック。簡易モードは常に、Discrete-Time Integrator ブロックの出力用の初期値およびリセット値の両方として、初期値を使用します。

簡易初期化モードを必要とする次のような機能をモデルが使用する場合には、簡易モードを使用します。

  • バスを初期化する構造体を指定します。

  • 条件付きサブシステム内のマージ信号を分岐します。

初期化モードの簡易への設定

簡易モードは新しい Simulink モデルを作成するときの既定の初期化モードです。モデルがクラシック モードを使用する場合、簡易モードを選択した後に変更しなければならない場合があります。初期化モードのクラシックから簡易への変換を参照してください。

  1. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 検索ボックスで、[指定不足の初期化の検出] を入力します。

  3. ドロップダウン リストから [簡易] を選択します。

関連するトピック