Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

操作点のインターフェイス チェックサムの不一致

説明

ModelOperatingPoint を読み込む前にインターフェイスのチェックサムがモデルのチェックサムと一致していることを確認するには、このチェックを使用します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ではインターフェイス チェックサムとモデル チェックサムの照合は行われません。

警告

操作点のインターフェイス チェックサムがモデルのチェックサムと一致していません。

エラー

Simulink でコンフィギュレーション設定の変更が操作点の保存後に行われたことが検出された場合、ModelOperatingPoint オブジェクトは読み込まれず、エラーが報告されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: OperatingPointInterfaceChecksumMismatchMsg
値: 'warning' | 'error' | 'none'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考

関連するトピック