ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

一般化コサイン ウィンドウ

ブラックマン、フラット トップ、ハミング、ハン、および箱形の各ウィンドウは、すべて "一般化コサイン ウィンドウ" の特殊な例です。これらのウィンドウは、2π/(N – 1) の倍数の周波数をもつ正弦波列の合成です。ここで、N はウィンドウ長です。特殊な例の 1 つはブラックマン ウィンドウです。

N = 128;
A = 0.42;
B = 0.5;
C = 0.08;
ind = (0:N-1)'*2*pi/(N-1);
w = A - B*cos(ind) + C*cos(2*ind);

前述の式の定数 AB、および C の値を変更すると、ハミング ウィンドウやハン ウィンドウのような異なる一般化コサイン ウィンドウが生成されます。より高い周波数の余弦項を追加すると、フラット トップ ウィンドウが生成されます。これらのウィンドウの背景にある概念は、ウィンドウを形成する個々の項を加算することにより、周波数領域内の低周波のピークをサイドローブの高さが低くなるような形で合成するというものです。これにより、メインローブの幅が増加するという副作用があります。

ハミング ウィンドウおよびハン ウィンドウは、2 項一般化コサイン ウィンドウです。ハミングの場合は、A = 0.54B = 0.46 で、ハンの場合は、A = 0.5B = 0.5 です。

初期の MATLAB® コードで示される一般化コサイン ウィンドウの定義では、A = 0.5 かつ B = 0.5 の場合に、サンプル 1 と n において零点が生じることに注意してください。

このウィンドウ デザイナーのスクリーン ショットでは、ブラックマン、ハミング、ハン、フラット トップの各ウィンドウを比較しています。

参考

アプリ

関数