Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プロットの変更

任意のプロット編集ツール バー ボタンを使用して、プロットのプロパティを変更できます。

[解析パラメーター] は、表示される解析に適用するパラメーターです。これらのパラメーターを表示するには、プロット領域を右クリックし、メニューから [解析パラメーター] を選択します (このメニューは、[プロット編集] ボタンがアクティブでない場合にのみアクセスできます)。以下の解析パラメーターが表示されます。複数の応答が表示されている場合、パラメーターは表示されている各プロットに適用できます。すべてのプロット タイプに対して、これらの解析フィールドがすべて表示されるわけではありません。

  • 正規化周波数 — 選択されている場合、周波数は 0 ~ 1 の間で正規化され、選択されていない場合、周波数は Hz で表示されます。

  • 周波数スケールy 軸のスケール (Linear または Log)

  • 周波数範囲 — 周波数軸の範囲または Specify freq. vector

  • 点数 — 応答の計算に使用するサンプル点の数

  • 周波数ベクトルSpecify freq. vector[周波数範囲] で選択されている場合は、プロットに使用するベクトル

  • 振幅表示y 軸の単位 (MagnitudeMagnitude (dB)Magnitude squared、または Zero-Phase)

  • 位相単位y 軸の単位 (Degrees または Radians)

  • 位相表示 — 位相プロットのタイプ (Phase または Continuous Phase)

  • 群遅延単位y 軸の単位 (Samples または Time)

  • 長さの指定 — インパルス応答またはステップ応答の長さのタイプ (Default または Specified)

  • 長さ — インパルス応答またはステップ応答に使用する点の数

上記の解析パラメーターに加え、インパルス応答とステップ応答のプロット タイプを変更することもできます。このためには、右クリックしてメニューから [マーカー付きライン] を選択し、コンテキス トメニューから [ステム] または [ライン] のいずれかを選択します。x 軸ラベルを右クリックし、Samples または Time を選択すると、x 軸の単位を変更できます。

フィルター デザイナーまたは FVTool の起動時に使用する既定値として表示パラメーターを保存するには、[既定の設定として保存] をクリックします。

既定値を復元するには、[既定の設定に戻す] をクリックします。

データのヒントは、プロット内の特定の点に関する情報を表示します。データのヒントの詳細については、プロット データの対話型の確認を参照してください。

DSP System Toolbox™ ソフトウェアをお持ちの場合、FVTool には、ゲイン プロットで設計されたフィルターと共に仕様マスクを表示します。

メモ:

[表示][通過帯域] を使用するには、フィルターは fdesign またはフィルター デザイナーを使用して設計されたものでなければなりません。カスケード接続積分櫛形 (CIC) フィルターは、通常の通過帯域をもたないため、通過帯域ズーム機能は提供されていません。

参考

アプリ

関数

関連する例

詳細