最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

resetLabelValues

既定値へのラベルのリセット

説明

resetLabelValues(lss) は、ラベル付き信号セット lss のすべてのメンバーのすべてのラベル値をリセットします。

resetLabelValues(lss,midx) は、midx によって指定されたメンバーの信号のすべてのラベル値をリセットします。

resetLabelValues(lss,midx,lblname) は、midx によって指定されたメンバーの信号のラベル lblname の値をリセットします。サブラベルをリセットするには、lblname を 2 要素 string 配列または文字ベクトルの 2 要素 cell 配列にします。最初の要素には親ラベル名を含めて、2 番目の要素にはサブラベル名を含めます。

既定では、この関数は親ラベルのすべてのサブラベルをリセットします。親の ROI ラベルまたは点ラベルのサブラベルを対象にするには、ridx を使用して親ラベルの行インデックスを指定します。

resetLabelValues(___,'LabelRowIndex',ridx) は、サブラベル値をリセットする親の ROI ラベルまたは点ラベルの行インデックスを指定します。

すべて折りたたむ

クジラの歌の録音を含むラベル付き信号セットを読み込みます。ラベルの名前を取得します。

load whales
lss
lss = 
  labeledSignalSet with properties:

             Source: {2x1 cell}
         NumMembers: 2
    TimeInformation: "sampleRate"
         SampleRate: 4000
             Labels: [2x3 table]
        Description: "Characterize wave song regions"

 Use labelDefinitionsHierarchy to see a list of labels and sublabels.
 Use setLabelValue to add data to the set.

getLabelNames(lss)
ans = 3x1 string array
    "WhaleType"
    "MoanRegions"
    "TrillRegions"

セット内の 2 番目の信号の、ふるえ声の領域に対応するラベル値を取得します。

idx = 2;
getLabelValues(lss,idx,'TrillRegions')
ans=1×2 table
     ROILimits      Value
    ____________    _____

    11.1      13     [1] 

値をリセットします。'TrillRegions' が空の配列になったことを確認します。

resetLabelValues(lss,idx,'TrillRegions')

getLabelValues(lss,idx,'TrillRegions')
ans =

  0x2 empty table
getLabelValues(lss,idx)
ans=1×3 table
                 WhaleType    MoanRegions    TrillRegions
                 _________    ___________    ____________

    Member{2}      blue       [3x2 table]    [0x3 table] 

入力引数

すべて折りたたむ

ラベル付き信号セット。labeledSignalSet オブジェクトとして指定します。

例: labeledSignalSet({randn(100,1) randn(10,1)},signalLabelDefinition('female')) は、属性 'female' を含むランダム信号の 2 つのメンバーのセットを指定します。

メンバーの行番号。正の整数で指定します。midx は、メンバーの行番号をラベル付き信号セットのLabelsテーブルに表示される行番号として指定します。

ラベルまたはサブラベル名。ラベルを指定するには、文字ベクトルまたは string スカラーを使用します。サブラベルを指定するには、文字ベクトルの 2 要素 cell 配列または 2 要素 string 配列を使用します。

  • 最初の要素は親ラベルの名前です。

  • 2 番目の要素はサブラベルの名前です。

例: signalLabelDefinition("Asleep",'LabelType','roi') は、臨床試験中に患者が睡眠状態であった信号の領域用に、"Asleep" という名前のラベルを指定します。

例: {'Asleep' 'REM'} または ["Asleep" "REM"] は、患者がレム睡眠状態である信号の領域を指定します。

ラベルの行インデックス。正の整数で指定します。この引数は、ROI と点のラベルにのみ適用されます。

R2018b で導入