最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

addMembers

ラベル付き信号セットへのメンバーの追加

説明

addMembers(lss,src) は、入力データ ソース src から、ラベル付き信号セット lss にメンバーを追加します。

addMembers(lss,src,tinfo) は、新しいメンバーの時間情報を tinfo に設定します。

addMembers(lss,src,tinfo,mnames) は、新しいメンバーの名前を mnames に設定します。mnames の長さは新しいメンバーの数と等しくなければなりません。

すべて折りたたむ

クジラの歌の録音を含むラベル付き信号セットを読み込みます。

load whales
lss
lss = 
  labeledSignalSet with properties:

             Source: {2x1 cell}
         NumMembers: 2
    TimeInformation: "sampleRate"
         SampleRate: 4000
             Labels: [2x3 table]
        Description: "Characterize wave song regions"

 Use labelDefinitionsHierarchy to see a list of labels and sublabels.
 Use setLabelValue to add data to the set.

セットの 2 番目のメンバーを取得し、プロットします。

[song,tinfo] = getSignal(lss,2);

t = (0:length(song)-1)/tinfo.SampleRate;

plot(t,song)

取得した信号の最初と最後の秒を削除します。

song2 = song(t>1 & t<t(end)-1);
t2 = (0:length(song2)-1)/tinfo.SampleRate;

plot(t2,song2)

ラベル付きセットの新しいメンバーとして短い信号を追加します。

addMembers(lss,song2)
lss
lss = 
  labeledSignalSet with properties:

             Source: {3x1 cell}
         NumMembers: 3
    TimeInformation: "sampleRate"
         SampleRate: 4000
             Labels: [3x3 table]
        Description: "Characterize wave song regions"

 Use labelDefinitionsHierarchy to see a list of labels and sublabels.
 Use setLabelValue to add data to the set.

短い信号の上下を反転させて、ラベル付きセットの新しいメンバーとして追加します。新しいメンバーが 1 kHz でサンプリングされるように指定します。

addMembers(lss,flipud(song2),1000)
lss.SampleRate
ans = 4×1

        4000
        4000
        4000
        1000

入力引数

すべて折りたたむ

ラベル付き信号セット。labeledSignalSet オブジェクトとして指定します。

例: labeledSignalSet({randn(100,1) randn(10,1)},signalLabelDefinition('female')) は、属性 'female' を含むランダム信号の 2 つのメンバーのセットを指定します。

入力データ ソース。行列、timetable、またはオーディオ データストアとして指定します。src の具体的な型は、lssSourceプロパティによって異なります。

  • Sourceが行列の cell 配列の場合:

    • 1 つのメンバーをセットに追加するには、行列として src を指定します。

    • 複数のメンバーをセットに追加するには、行列の cell 配列として src を指定します。

  • Sourceがベクトルの cell 配列を含む cell 配列の場合:

    • 1 つのメンバーをセットに追加するには、ベクトルの cell 配列として src を指定します。

    • 複数のメンバーをセットに追加するには、ベクトルの cell 配列を含む cell 配列として src を指定します。

  • Sourceが timetable の cell 配列の場合:

    • 1 つのメンバーをセットに追加するには、timetable として src を指定します。

    • 複数のメンバーをセットに追加するには、timetable の cell 配列として src を指定します。

  • Sourceがオーディオ データストアの場合は、新しいファイルを示す別のオーディオ データストアとして src を設定することでメンバーを追加します。

例: {randn(10,3),randn(17,9)} は、2 つのメンバーを指定します。最初のメンバーには、10 サンプルの信号が 3 つ含まれています。2 番目のメンバーには、17 サンプルの信号が 9 つ含まれています。

例: {{randn(10,1)},{randn(17,1),randn(27,1)}} は、2 つのメンバーを指定します。最初のメンバーには、10 サンプルの信号が 1 つ含まれています。2 番目のメンバーには、17 サンプルの信号が 1 つと、27 サンプルの信号が 1 つ含まれています。

例: {{timetable(seconds(1:10)',randn(10,3)),timetable(seconds(1:7)',randn(7,2))},{timetable(seconds(1:3)',randn(3,1))}} は、2 つのメンバーを指定します。最初のメンバーには、1 Hz で 10 秒間サンプリングされた信号が 3 つと、1 Hz で 7 秒間サンプリングされた信号が 2 つ含まれています。2 番目のメンバーには、1 Hz で 3 秒間サンプリングされた信号が 1 つ含まれています。

新しいメンバーの時間情報。スカラー、ベクトル、行列、duration スカラー、または duration ベクトルとして指定します。この引数は、lssTimeInformationプロパティが 'sampleRate''sampleTime'、または 'timeValues' の場合にのみ有効です。

  • TimeInformation'sampleRate' の場合、tinfo はサンプルレートの値を指定します。

  • TimeInformation'sampleTime' の場合、tinfo はサンプル時間の値を指定します。

  • TimeInformation'timeValues' の場合、tinfo は時間の値を指定します。

複数のメンバーをセットに追加する場合は、tinfo の値を 1 つのみ指定すると、すべてのメンバーに同じ値が設定されます。新しいメンバーにそれぞれ異なる値を指定する場合は、複数の値を持つように tinfo を設定します。

ソースが指定されていない場合、またはラベル付き信号セットのソースが空の場合は、lsstinfo が正しく解釈されるように、TimeInformationプロパティを 'sampleRate''sampleTime'、または 'timeValues' に変更できます。

例: addMembers(ks,{randn(10,5),randn(10,3)},seconds([1 2])) は、2 つの新しいメンバーの異なる時間情報を ks = labeledSignalSet(randn(10,3),'SampleTime',seconds(1)) に設定します。

例: addMembers(ks,{randn(10,5),randn(10,3)},[1:10;2:2:20]') は、2 つの新しいメンバーの異なる時間情報を ks = labeledSignalSet(randn(10,3),'TimeValues',1:10) に設定します。

メンバー名。文字ベクトル、string スカラー、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列として指定します。

例: labeledSignalSet({randn(100,1) randn(10,1)},'MemberNames',{'llama' 'alpaca'}) は、2 つのメンバー、'llama' および 'alpaca' をもつランダム信号のセットを指定します。

R2018b で導入