ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

dpssdir

離散扁長回転楕円体列データベース ディレクトリ

構文

dpssdir
dpssdir(n)
dpssdir(nw,'nw')
dpssdir(n,nw)
index = dpssdir

説明

dpssdir では、DPSS MAT ファイル データベース dpss.mat 内の、生成された DPSS サンプルを含むデータベース ディレクトリが管理されます。関数 dpsssave で DPSS MAT ファイル データベースを作成します。

dpssdir では、dpss.mat に保存されているシーケンスのディレクトリが一覧表示されます。

dpssdir(n) では、長さ n で保存されているシーケンスが一覧表示されます。

dpssdir(nw,'nw') では、時間と帯域幅の積が nw で保存されているシーケンスが一覧表示されます。

dpssdir(n,nw) では、長さが n で、時間と帯域幅の積が nw で保存されているシーケンスが一覧表示されます。

index = dpssdir は、DPSS データベースを記述する構造体配列です。出力がないものについては、nnw オプションを渡してフィルターされた index が取得されます。

R2006a より前に導入