最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

packNGo

生成コードを再配置用 zip ファイルにパッケージ

説明

packNGo(buildInfo,{Name,Value}) はコード ファイルを zip 圧縮ファイルにパッケージ化して、他の開発環境に再配置、解凍、およびリビルドできるようにします。名前と値のペアのリストはオプションです。

zip ファイルに含まれるコード ファイルのタイプは以下のとおりです。

  • ソース ファイル (.c ファイルや .cpp ファイルなど)

  • ヘッダー ファイル (.h ファイルや .hpp ファイルなど)

  • オブジェクトのビルド情報オブジェクトを含む MAT ファイル (.mat ファイル)

  • 最終的な実行可能ファイルに必要な非ビルド関連ファイル (.dll ファイルや .txt 情報ファイルなど)

  • ビルドで生成されたバイナリ ファイル (たとえば実行ファイル .exe やダイナミック リンク ライブラリ .dll)。

    コード ジェネレーターは、ビルドで生成されたファイル (存在する場合) を zip ファイルに含めます。ignoreFileMissing プロパティは、ビルドで生成されたバイナリ ファイルには適用されません。

この関数を使用してファイルを再配置します。そのファイルは、特定のターゲット環境用に再コンパイルしたり、MATLAB® がインストールされていない開発環境でリビルドしたりできます。既定の設定では、関数はファイルを、コード生成フォルダー内の zip ファイルにサブフォルダーのない構造でパッケージ化します。出力は、名前と値のペアを指定してカスタマイズできます。zip ファイルの再配置後に圧縮ファイルを解凍するには標準の zip ユーティリティを使用します。

関数 packNGo は最初の packNGo 引数で渡されたビルド情報を変更する場合があります。コードのパッケージ化の一部として、packNGo はビルド情報に記録されたソース パスおよびインクルード パスから追加のファイルを検索できます。これらのファイルが見つかると、packNGo は見つかったファイルをビルド情報に追加します。

すべて折りたたむ

ビルド プロセスが完了した後、コマンド ウィンドウから packNGo を実行できます。packNGo を使用して、生成コードをファイル portzingbit.zip に zip ファイル パッケージ化します。相対的なファイル階層を維持します。

  1. フォルダーをコード生成フォルダーに変更します。たとえば、MATLAB Coder™ を使用する場合は codegen/dll/zingbit、Simulink® コード生成の場合は zingbit_grt_rtw になります。

  2. ビルドを記述する buildInfo オブジェクトを読み込みます。

  3. packNGopackType プロパティおよび fileName プロパティを設定して実行します。

cd codegen/dll/zingbit;
load buildInfo.mat
packNGo(buildInfo,{'packType', 'hierarchical', ...
   'fileName','portzingbit'});

コード生成ペインから zip ファイルのパッケージ化を設定する場合、コード ジェネレーターはビルド プロセス中に packNGo を使用して zip ファイルを出力します。

  1. [コード生成][コードとアーティファクトのパッケージ化]を選択します。オプションで、[Zip ファイル名] を入力します。変更を適用するには、[OK] をクリックします。

  2. モデルを作成します。コード ジェネレーターは、ビルド プロセスの最後に zip ファイルを出力します。zip ファイルのフォルダー構造は階層的です。

set_param で zip ファイルのパッケージ化を設定する場合、コード ジェネレーターはビルド プロセス中に packNGo を使用して zip ファイルを出力します。

set_param を使用してファイル zingbit.zip 内のモデル zingbit の zip ファイル パッケージ化を設定します。

set_param('zingbit','PostCodeGenCommand', ...
   'packNGo(buildInfo);');

入力引数

すべて折りたたむ

ビルド プロセス中、コード ジェネレーターはコード生成フォルダー内に buildInfo.mat を配置します。この MAT ファイルには buildInfo オブジェクトが含まれています。このオブジェクトは packNGo が zip ファイルを生成するために使用する情報を提供します。

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は一重引用符で囲まなければなりません。名前と値のペアの引数は、Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように任意の順番で複数指定できます。

例: {'packType','flat','nestedZipFiles',true}

'flat' の場合、生成コード ファイルをサブフォルダーのない単一の構造として zip ファイルにパッケージ化します。

'hierarchical' の場合、生成コード ファイルをプライマリ zip ファイルに階層的にパッケージ化します。階層には、最上位モデル、参照モデル、および共有ユーティリティ フォルダーが含まれます。関数は、そのフォルダーの対応する buildInfo.mat ファイルもパッケージ化します。

例: {'packType','flat'}

true の場合、以下の 3 つのセカンダリ zip ファイルを含む 1 つのプライマリ zip ファイルを作成します。

  • mlrFiles.zip - matlabroot フォルダー ツリー内にあるファイル

  • sDirFiles.zip — コード生成フォルダー内およびその下にあるファイル

  • otherFiles.zip - matlabroot または start フォルダー ツリー内にない必須ファイル

false の場合、フォルダー (たとえばコード生成フォルダーと matlabroot) を含むプライマリ zip ファイルを作成します。

例: {'nestedZipFiles',true}

'fileName' と値のペアを指定しない場合、この関数は modelOrFunctionName.zip という名前の zip ファイルにファイルをパッケージ化し、コード生成フォルダーに zip ファイルを配置します。

'fileName' を値 'myName' で指定する場合、この関数は myName.zip をコード生成フォルダーに作成します。

プライマリ zip ファイルに別の場所を指定するには、その場所への絶対パス fullPath/myName.zip を指定します。

例: {'fileName','/home/user/myModel.zip'}

true の場合、コードをビルドするのに必要な最低限のヘッダー ファイルのみを zip ファイルに含めます。

false の場合、インクルード パスにあるヘッダー ファイルを zip ファイルに含めます。

例: {'minimalHeaders',true}

false の場合、zip ファイルに html フォルダーを含めません。

true の場合、zip ファイルに html フォルダーを含めます。

例: {'includeReport',false}

false の場合、解析エラーで終了します。

true の場合、解析エラー時に終了しません。

例: {'ignoreParseError',false}

false の場合、ファイル不足エラー時に終了します。

true の場合、ファイル不足エラー時に終了しません。

例: {'ignoreFileMissing',false}

制限

  • この関数は、*.c*.cpp、および *.h の拡張子をもつソース ファイルのみを処理します。この関数はコンパイルのフラグ、定義、および makefile をサポートしません。

  • 必要のないファイルが含まれる可能性があります。関数は、ビルド情報に記録されたソース パスおよびインクルード パスからの追加のファイルを、これらのファイルが使用されていない場合でも検索する場合があります。

R2006b で導入