最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MAT ファイルのログ

説明

MAT ファイルのログを指定

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: GRT ターゲットに対してはオン、ERT ベースのターゲットに対してはオフ

オン

MAT ファイルのログを有効にします。このオプションを選択すると、生成コードは、以下のいずれかの方法で指定されたシミュレーション データを MAT ファイルに保存します。

シミュレーション データのエクスポート (Simulink)およびログ作成ための信号データの構成で説明しているように、シミュレーションではこのデータは MATLAB® ワークスペースに書き込まれます。MAT ファイルのログを設定するとデータは MAT ファイルにリダイレクトされます。ファイルは model.mat と命名されます。ここで model はモデル名です。

オフ

MAT ファイルのログを無効にします。このオプションの選択を解除すると、以下のような効果があります。

  • ファイル システムのサポートに関連付けられているオーバーヘッドを除外します。このオーバーヘッドは通常組み込みアプリケーションには必要ありません。

  • ログ変数の初期化、更新、およびクリーン アップに必要な追加のコードおよびメモリ使用量を除外します。

  • 特定の条件下で、ルート出力端子に関連付けられているコードおよびストレージを除外します。

  • model_step の現在の時刻と停止時刻の比較を省略し、停止時刻設定に関係なく生成されたプログラムを無限に実行できるようにします。

依存関係

  • [MAT ファイルのログ] を選択する場合は、コンフィギュレーション パラメーター [サポート: 非有限数] も選択しなければなりません。さらに ERT ベースのシステム ターゲット ファイルを使用する場合は、[サポート: 浮動小数点数] も選択しなければなりません。

  • このオプションを選択すると、[MAT ファイルの変数名の修飾子] が有効になります。

  • ERT ベースのシステム ターゲット ファイルでは、エクスポートされた関数の呼び出しを使用する場合は、このパラメーターの選択を解除します。

制限

  • コード ジェネレーターはカスタム データ型 (Simulink® にビルドされないデータ型) の MAT ファイルのログをサポートしていません。

  • MAT ファイルのログは、ファイル スコープ内のデータ (たとえば、組み込みのストレージ クラス FileScope を適用するデータ項目) をサポートしません。

  • 参照モデルでは、次のデータ ログ機能のみサポートされます。

    • To File ブロック

    • 状態ログ — 最上位モデルについては、ソフトウェアは MAT ファイルにデータを格納します。

  • Embedded Coder® 製品のコンテキストでは、MAT ファイルのログは、以下の IDE: Analog Devices® VisualDSP++®Texas Instruments™ Code Composer Studio™、Wind River® DIAB/GCC をサポートしません。

  • MAT ファイルのログは、ストレージ クラス ImportedExternPointer または生成コードにアドレス指定不可能なデータを生成するストレージ クラスを適用する Outport ブロックをサポートしていません。たとえば、ストレージ クラス GetSet により、Outport はアドレス指定不可能な関数呼び出しとして生成コードに現れます。この制限は、ストレージ クラスを適用する際に、モデル データ エディターなどを直接使用する場合でも、Outport をストレージ クラスを使用する Simulink.Signal オブジェクトに解決する場合でも適用されます。回避策として、Outport ブロックに入力する信号にストレージ クラスを適用します。

コマンド ライン情報

パラメーター: MatFileLogging
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: GRT ターゲットに対しては 'on'、ERT ベースのターゲットに対しては 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグオン
トレーサビリティ影響なし
効率性オフ
安全対策オフ

関連するトピック