最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イベントベースのスケジューリング

非同期イベントの処理、レート変換、タイマー、イベント データ

モデルには、以下のような非同期イベントを処理するコードを生成するブロックを含めることができます。

  • ハードウェアで生成された割り込み

  • 経過時間タイマー

  • 非同期の読み込みおよび書き込み操作

  • リアルタイム オペレーティング システム (RTOS) によって発生した非同期タスク

シミュレーションの場合、非同期イベント データを Function-Call Subsystem にインポートできます。

ブロック

Asynchronous Task Specification非同期タスクの優先順位を指定します。このタスクは、非同期割り込みによってトリガーされる参照モデルによって表現されます。
Async Interrupt下流のサブシステムまたは Task Sync ブロックを実行する Versa Module Eurocard (VME) 割り込みサービス ルーチン (ISR) を生成
Task Sync下流の Function-Call Subsystem または Stateflow チャートのコードを、RTOS 例 (VxWorks) のタスクを発生させることによって実行する

トピック

非同期イベント

システムの周期的なタイミング ソースに対して "非同期" となるイベントに対応して、ブロックの実行をサポートするモデルを設計します。

Rate Transitions ブロックと Asynchronous ブロック

Rate Transition ブロックを使用して非同期のブロックとのデータ転送を処理します。

割り込みサービス ルーチンの生成

特定の VME 割り込みレベルに関連付けられている割り込みサービス ルーチン (ISR) を生成します。

RTOS タスクの例の発生と同期

マルチタスク リアルタイム オペレーティング システム (VxWorks®) 上で非同期イベントをシミュレーションしてコードを生成します。

RTOS の非同期イベントを参照モデルの入力として渡す

参照モデルに入力として渡される非同期イベントをトリガーするモデルのコードを生成します。

非同期タスクにおけるタイマー

コード ジェネレーターを使用して非同期タスクのコンテキストで実行されるブロックでは、絶対時間と経過時間のタイミング データを管理します。

カスタマイズされた非同期ライブラリの作成

vxlib1 ライブラリ ブロックをテンプレートとして使用する非同期イベントの処理をサポートするカスタム ブロックを作成します。

シミュレーションのための非同期イベント データのインポート

非同期イベント データを Function-Call Subsystem にインポートします。

非同期サポートの確認事項

非同期イベント サポートの制限。