Main Content

Paragraph

レポートへの段落テキストの挿入

説明

このコンポーネントは、レポートに段落を挿入します。段落テキストは、子テキスト コンポーネント、または [段落のテキスト] フィールドに入力したテキストから取得されます。

タイトル オプション

  • 段落のタイトルなし (既定): 段落のタイトルを指定しません。

  • 1 番目の子からタイトルを取得: 1 番目の子コンポーネント (Text コンポーネントでなければならない) から段落のタイトルを取得します。

  • カスタム タイトル: 段落のカスタム タイトルを指定します。

スタイル名

出力形式が [ダイレクト PDF (テンプレートを使用)] など、(テンプレートを使用) タイプのいずれかであるレポートの、段落タイトルで使用するスタイルを指定します。既定では、このオプションは、レポート エクスプローラーの既定のドキュメント変換テンプレートによって定義された rgParagraphTitle スタイルを指定します。レポート内の段落タイトルの外観をすべて変更するには、レポート テンプレートで rgParagraphTitle スタイルをカスタマイズします。このタイトルのみの外観を変更するには、レポート テンプレートで定義された別のスタイルを指定します。他のスタイルを指定するには、次の手順に従います。

  1. 段落のプロパティのダイアログ ボックスで、[タイトル オプション] を次のいずれかの値に設定します。

    • 1 番目の子からタイトルを取得

    • カスタム タイトル

  2. [スタイル名][指定] に設定します。

  3. [スタイル名] テキスト ボックスで、スタイル名を入力します。

    指定したカスタム スタイルを使用するには、レポートの生成に使用するテンプレートで定義されている段落スタイル (または Word レポートのリンクされた段落/文字スタイル) でなければなりません。テンプレート スタイルの詳細は、レポート テンプレートを参照してください。

Microsoft® Word で、名前付きスタイルを使用して適用する段落スタイルおよびテキスト スタイルは、両方を同じテキストに適用する場合に相互作用が発生する可能性があります。この相互作用は、太字、イタリック、下線など、段落とテキストに共通する書式設定プロパティで発生します。

段落スタイル MyStyle を段落に適用しており、MyStyle では太字書式設定を指定しているとします。そこで、BoldStyle という名前のテキスト スタイルを段落のテキストに適用するとします。BoldStyle で書式設定されたテキストによって、段落スタイルの太字がオフに切り替えられます。テキストを確実に太字にするには、太字を使用しないテキスト スタイルを作成し、そのようなタイプの段落のテキストに適用するそれ以外のプロパティを含めることができます。

段落のテキスト

このフィールドに段落のテキストを入力します。段落コンポーネントに子コンポーネントがある場合、段落のコンテンツは段落のテキストと子コンポーネントから取得されます。それ以外の場合、段落コンポーネントはこのフィールドからテキストを挿入します。Paragraph コンポーネントに子コンポーネントがなく、このフィールドにテキストが入力されていない場合、テキストはレポートに表示されません。

レポートの生成時に計算されるテキストを挿入するには、計算プロパティ表記 %<expr> を使用します。ここで、expr は、string として評価される MATLAB 式です。

スタイル名

出力形式が [ダイレクト PDF (テンプレートを使用)] など、(テンプレートを使用) タイプのいずれかであるレポートの段落テキストで使用するスタイルを指定します。既定では、このオプションは、レポート エクスプローラーの既定のドキュメント変換テンプレートによって定義された rgParagraph スタイルを指定します。レポート内の段落の外観をすべて変更するには、レポート テンプレートで rgParagraph スタイルをカスタマイズします。この段落のみの外観を変更するには、レポート テンプレートで定義された別のスタイルを指定します。他のスタイルを指定するには、次の手順に従います。

  1. [スタイル名][指定] に設定します。

  2. [スタイル名] テキスト ボックスで、スタイル名を入力します。

    指定したカスタム スタイルを使用するには、レポートの生成に使用するテンプレートで定義されている段落スタイル (または Word レポートのリンクされた段落/文字スタイル) でなければなりません。テンプレート スタイルの詳細は、レポート テンプレートを参照してください。

スタイル

メモ

[スタイル名] フィールドを使用して段落テキストのスタイルを指定した場合、スタイルで指定された対応する書式設定が、以下のスタイル書式設定でオーバーライドされます。たとえば、[太字] を選択すると、指定のスタイルで標準的な太さのテキストが指定されていてもテキストが太字になります。

  • 太字: テキストを太字にします。

  • イタリック: テキストをイタリックにします。

  • 下線: テキストに下線を表示します。

  • 取り消し線: テキストに取り消し線を表示します。

  • 空白を維持: テキスト内の連続する空白を維持します。[空白を維持] を選択した場合、その段落のすべての子コンポーネントで空白が維持されます。[空白を維持] を選択しない場合、複数の空白が単一の空白に短縮されます。このオプションは、[ダイレクト PDF (テンプレートを使用)] など、出力タイプが (テンプレートを使用) のレポートにのみ適用されます。他の出力タイプの場合、このオプションは表示されません。

    メモ

    これらの書式オプションは、指定するカスタム スタイルで定義された対応する書式をオーバーライドします。たとえば、[太字] を選択すると、指定のスタイルで標準的な太さのテキストが使用されていてもテキストが太字になります。

    PDF レポートで空白を維持するには、段落レベルでこのオプションを選択しなければなりません。PDF では、段落コンポーネントの子である選択された Text について、空白の維持をサポートしていません。

  • : テキストの色を指定します。

    • 色のリストから色を選択します。

    • 16 進数の RGB 値を #RRGGBB として入力します。たとえば、#0000ff は青色です。

    • %<expr> を入力します。ここで、expr は色の名前または 16 進数の RGB 値を実行する MATLAB® 式です。

レポートへの挿入

あり。段落。

クラス

rptgen.cfr_paragraph