Main Content

Image

外部ファイルからレポートへのイメージの挿入

説明

このコンポーネントは、外部ファイルのイメージをレポートに挿入します。章/節または段落コンポーネントを親としてもつことができます。段落コンポーネントが親の場合、[インライン イメージとして挿入] チェック ボックスをオンにしなければなりません。

クラス

  • ファイル名: イメージ ファイルの名前を指定します。この名前を手動で入力するか、[参照] ボタン (...) を使用してイメージ ファイルを検索できます。

    イメージは、ビューアーが読み取れる形式でなければなりません。存在しないイメージ ファイルの名前を指定した場合、次のようなエラーが表示されます。

      No file name.  Could not create graphic.

    このフィールドは %<VariableName> 表記法をサポートしています。

  • ローカルのレポートのファイル ディレクトリにコピーする: イメージのコピーをローカルのレポートのファイル フォルダーに保存します。

表示オプション

  • スケーリング: ブラウザーに表示されるときのイメージのサイズを制御します。このオプションを使用してイメージを大きくしてもイメージのストレージ サイズには影響しませんが、表示イメージのサイズの拡大または縮小によって、表示イメージの品質が下がる可能性があります。

    一般的に、最も予測しやすい最良の表示結果を得るには、既定の設定である [イメージ サイズを使用] を使用してください。

    • イメージ サイズを使用: イメージを画面上と同じサイズでレポートに表示します (既定の設定)。

    • 固定サイズ: 数値と単位の種類を指定します。

    • ズーム: 倍率、最大サイズ、および測定の単位を指定します。

  • サイズ: w h (幅、高さ) の形式で、スナップショットのサイズを指定します。このフィールドが有効になるのは、[スケーリング] リストで [固定サイズ] を選択した場合のみです。

  • 最大サイズ: w h (幅、高さ) の形式で、スナップショットの最大サイズを指定します。このフィールドが有効になるのは、[スケーリング] リストで [ズーム] を選択した場合のみです。

  • 単位: スナップショットのサイズの単位を指定します。このフィールドが有効になるのは、[イメージ サイズ] 選択リストで [ズーム] または [固定サイズ] を選択した場合のみです。

  • 配置: PDF または RTF 形式のレポートのみ、この書式プロパティをサポートします。オプションは、以下のとおりです。

    • 自動

    • 中央

  • タイトル: スナップショットの上に表示するテキストを指定します。

  • 表題: スナップショットの下に表示するテキストを指定します。

  • フル ページ イメージ (*PDF のみ): PDF レポートで、縦または横方向を使用して、イメージをスケーリングしてページ全体に合わせ、余白を最小化し、イメージのサイズを最大化します。

プレビュー

[イメージ ファイル名] フィールドで指定したイメージがこのペインに表示されます。Adobe® PostScript® イメージや、関数 imread がサポートしていない gif などの形式のイメージはプレビューできません。

イメージをクリックするとフル サイズで表示されます。

レポートへの挿入

あり。イメージ。

クラス

rptgen.cfr_image