Main Content

List

cell 配列または子コンポーネントからの箇条書きリストまたは番号付きリストの作成

説明

このコンポーネントは、cell 配列または子コンポーネントから箇条書きリストまたは番号付きリストを作成します。

リスト コンテンツ

  • ワークスペースのセル配列からリストを作成: 1 行 n 列または n 行 1 列の cell 配列からリストを作成します。このオプションは、このコンポーネントが子コンポーネントをもつ場合は使用できません。その場合、子コンポーネントからリストが自動的に生成されます。

  • リストのタイトル: リストのタイトルを指定します。

  • リストのタイトル スタイル名: リストのタイトルで使用するスタイルを指定します。スタイルを指定するには、次の手順に従います。

    1. レポートの [ファイル形式][ダイレクト PDF (テンプレートを使用)] など、(テンプレートを使用) オプションのいずれかに設定します。

    2. リストのプロパティ ダイアログ ボックスで、[リストのタイトル スタイル名][指定] に設定します。

    3. [リストのタイトル スタイル名] テキスト ボックスで、スタイル名を入力します。

      スタイルを反映させるには、指定するスタイルが、レポートの生成に使用するテンプレートで定義されているリスト スタイルでなければなりません。テンプレート スタイルの詳細は、レポート テンプレートを参照してください。

リストのフォーマット

  • リストのタイプ:

    • 箇条書きリスト

    • 番号付きリスト

  • 番号付けのスタイル: 番号付きリストの番号付けのスタイルを指定します。この設定は、RTF/DOC レポート形式でのみサポートされています。オプションは次のとおりです。

    • 1,2,3,4,...

    • a,b,c,d,...

    • A,B,C,D,...

    • i,ii,iii,iv,...

    • I,II,III,IV,...

  • リストのスタイル名: リストで使用するスタイルを指定します。スタイルを指定するには、次の手順に従います。

    1. レポートの [ファイル形式][ダイレクト PDF (テンプレートを使用)] など、(テンプレートを使用) オプションのいずれかに設定します。

    2. [リストのスタイル名][指定] に設定します。

    3. [リストのスタイル名] テキスト ボックスで、スタイル名を入力します。

      スタイルを反映させるには、指定するスタイルが、レポートの生成に使用するテンプレートで定義されていなければなりません。

  • 入れ子形式のリスト (1.1.a) に親番号を表示: 入れ子形式のリストにすべてのレベル番号を表示します。cell 配列を別の cell 配列の中に入れるか、リスト コンポーネントを別のリスト コンポーネントの中に入れ子にすることで、入れ子形式のリストを作成できます。以下にこのオプションを選択したときのリストの表示例を示します。

    1. Example
    2. Example
    	2.1. Example
    	2.2. Example
    		2.2.a. Example
    		2.2.b. Example
    3. Example
    
    このオプションは、[現在のリストの値 (a) のみ表示] を選択している場合は使用できません。

  • 現在のリストの値 (a) のみ表示: 現在のリストの値のみを表示します。以下にこのオプションを選択したときのリストの表示例を示します。

    1. Example
    2. Example
    	1. Example
    	2. Example
    		1. Example
    		2. Example
    3. Example
    
    このオプションは、[入れ子形式のリスト (1.1.a) に親番号を表示] を選択している場合は使用できません。

例1: 入れ子形式のリストの作成

次のレポート設定ファイルを考えます。このレポート設定ファイルは、リスト コンポーネントを別のリスト コンポーネントの中に入れて作成した入れ子形式のリストを含んでいます。

[-] Report - Unnamed.rpt
   [-] Bulleted list from child components
      [ ] Text - sky
      [ ] Table - varname
      [ ] Image - test
      [ ] Text - grass
      [-] Bulleted list from child components
         [ ] Text - clouds
         [ ] Text - sun
      [-] Paragraph - information

このレポート設定ファイルは次の箇条書きリストを含むレポートを生成します。

  • sky

  • varname、変数のテーブル

  • test、イメージのスナップショット

  • grass

    • clouds

    • sun

  • information

例2: 子コンポーネントを使用したリストの作成

以下の箇条書きリストを含むレポートを生成するには、次の手順に従います。

  • red

  • green

  • blue

次のレポート設定ファイルを使用します。

[-] Report - Unnamed.rpt
   [-] Bulleted list from child components
      [ ] Text - red
      [ ] Text - green
      [ ] Text - blue

cell 配列を使用したリストの作成

前の例と同じ箇条書きリストを生成するには、cell 配列 colors を呼び出すようにレポート設定ファイルを構成します。

[-] Report - Unnamed.rpt
   [-] Bulleted list from cell array called colors

ここで、colors は次のとおりです。

colors={'red','green','blue'}

レポートへの挿入

あり。リスト。

クラス

rptgen.cfr_list