Main Content

Link

リンクのアンカーまたはポインターのレポートへの挿入

説明

このコンポーネントは、リンクのアンカーまたはポインターをレポートに挿入します。

PDF レポートでは、MATLAB® からレポートを開いた場合 (たとえば、レポートの生成直後にそれを開いた場合)、リンクが機能しません。ただし、MATLAB の外で (たとえば、Adobe® Acrobat® から) PDF レポートを開いた場合、リンクは正しく機能します。

プロパティ

  • リンクタイプ: レポートに挿入するリンクのタイプを選択します。オプションは次のとおりです。

    • アンカーのリンク: アンカーへのリンクを指定します。

    • 内部のドキュメント リンク: レポート内の場所を指定します (アンカーによる指定)。

    • URL (外部の) リンク: Web サイトへのリンク、または生成されたレポートから実行する MATLAB コマンドへのリンクを指定します。

  • リンク識別子: リンクが指す場所を示します。ASCII 文字のみを含めることができます。また、生成されたレポートには表示されません。

    Web リンクの場合、リンク識別子のオプションは状況に応じて異なります。それらの形式は、選択したリンク タイプによって異なります。たとえば、外部ファイル foo.txt にリンクするには、次のようにリンク識別子を指定します。

    • UNIX® システムの場合:

      file:///home/janedoe/foo.txt 
      

    • Microsoft® Windows® システムの場合:

      H:\foo.txt 
      

    MATLAB コマンドへのリンクの場合、matlab: に続けてスペースを入力し、リンクで実行させたい MATLAB コマンドを入力します。

  • リンク テキスト: リンクで使用するテキストを指定します。

  • リンク テキストを強調する: リンク テキストをイタリックにします。

外部 Web サイトへのリンク

  1. setedit コマンドでレポート エクスプローラーを開きます。

  2. 右側のプロパティ ペインで、[新規レポート ファイルの作成と編集] をクリックします。

  3. 中央のライブラリ ペインの [形式] カテゴリで、テキスト コンポーネントを選択し、[現在のレポートにコンポーネントを追加します] アイコンをクリックします。

  4. プロパティ ペインで、Open the と入力します (テキストの最後に空白を追加します)。

  5. ライブラリ ペインの [形式] カテゴリで、リンク コンポーネントを選択し、[現在のレポートにコンポーネントを追加します] アイコンをクリックします。

  6. プロパティ ペイン:

    • [リンク タイプ][URL (外部の) リンク] に設定します。

    • [リンク識別子]https://www.mathworks.com と入力します。

    • [リンク テキスト]MathWorks Web site と入力します。

  7. レポートを生成します。

  8. リンクをクリックして、MathWorks® の Web サイトを開きます。

レポート内の別の場所へのリンク

  1. MATLAB コマンド ラインで setedit magic-square.rpt と入力します。

  2. 左側のアウトライン ペインでタイトル ページ コンポーネントを選択します。

  3. 中央のライブラリ ペインの [形式] カテゴリで、リンク コンポーネントを選択し、[現在のレポートにコンポーネントを追加します] アイコンをクリックします。

  4. プロパティ ペイン:

    • [リンク タイプ][アンカーのリンク] に設定します。

    • [リンク識別子]explanation と入力します。

    コンテンツ ペインに、リンク コンポーネントが Anchor - explanation として表示されます。

  5. アウトライン ペインの 2 番目のコンポーネントの下にある、実行コンポーネントを選択します。

  6. ライブラリ ペインの [形式] カテゴリで、段落コンポーネントを選択し、[現在のレポートにコンポーネントを追加します] アイコンをクリックします。

  7. ライブラリ ペインの [形式] カテゴリで、リンク コンポーネントを選択し、[現在のレポートにコンポーネントを追加します] アイコンをクリックします。

  8. プロパティ ペイン:

    • [リンク タイプ][内部のドキュメント リンク] に設定します。

    • [リンク識別子]explanation と入力します。

    • [リンク テキスト]For a detailed explanation, click here と入力します。

  9. レポートを生成します。

  10. リンクをクリックして、レポートの上の方にある次の箇所に移動します。"Chapter 1. Magic Squares Explained."

モデルへのリンク

この例では、レポートから Simulink® モデルへのリンクを追加する方法を示します。このレポートを作成して実行するには、Simulink がインストールされていなければなりません。

  1. setedit コマンドでレポート エクスプローラーを開きます。

  2. レポート ライブラリの rptgennextdemos で、simulink-default.rpt を選択して開きます。

  3. コンポーネント ライブラリの [形式] で、段落コンポーネントを選択し、それをレポート設定ファイルのモデル ループのコンポーネントの後に追加します。

  4. 新しい段落コンポーネントの後にリンク コンポーネントを追加します。次のプロパティを設定します。

    • [リンク タイプ][URL (外部の) リンク] に設定します。

    • [リンク識別子]matlab:open_system('%<RptgenSL.getReportedModel()>') と入力します。

    • [リンク テキスト]Open model と入力します。

  5. レポートを生成します。

  6. レポートからモデルを開くには、リンクをクリックします。

レポートへの挿入

あり。テキストまたはアンカー。

クラス

rptgen.cfr_link