Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mlreportgen.report.Reporter クラス

パッケージ: mlreportgen.report

MATLAB レポーターに対するスーパークラス

説明

mlreportgen.report.Reporter は、レポートに追加するコンテンツを生成するレポーター オブジェクトのスーパークラスです。レポーターの書式設定はテンプレートに基づきます。

mlreportgen.report.Reporter クラスは handle クラスです。

クラス属性

HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

説明

reporter = mlreportgen.report.Reporter() は、空のレポーターを作成します。

report = mlreportgen.report.Reporter(Name,Value) は、名前と値のペアを使用してプロパティを設定します。複数の名前と値のペアの引数を任意の順番で指定できます。各プロパティ名は一重引用符または二重引用符で囲みます。

プロパティ

すべて展開する

このレポーターのテンプレートのソース。次のいずれかの方法で指定します。

  • このレポーターのテンプレートを含むファイルのパスを指定する文字ベクトルまたは string スカラー

  • テンプレートがこのレポーターのために使用される、またはテンプレート ライブラリがこのレポーターのテンプレートを含むレポーターまたはレポート

  • テンプレートがこのレポーターのために使用される、またはテンプレート ライブラリがこのレポーターのテンプレートを含む DOM ドキュメントまたはドキュメント パーツ

指定したテンプレートは、このレポーターが追加されるレポートと同じタイプにしなければなりません。たとえば、Microsoft® Word レポートでは、TemplateSrc は Word レポーター テンプレートでなければなりません。TemplateSrc プロパティが空の場合、このレポーターはレポートの出力タイプに既定のレポーター テンプレートを使用します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

このレポーターのテンプレートの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。このレポーターのテンプレートは、このレポーター用の TemplateSrc プロパティで指定されたテンプレート ソースのテンプレート ライブラリになければなりません。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

このレポーターのハイパーリンク ターゲット。リンク ターゲット ID を指定する文字ベクトルもしくは string スカラー、または mlreportgen.dom.LinkTarget オブジェクトとして指定します。文字ベクトルまたは string スカラー値は LinkTarget オブジェクトに変換されます。リンク ターゲットは、出力レポートでこのレポーターのコンテンツの直前にあります。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

メソッド

すべて展開する

R2017b で導入