最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simscape 結果エクスプローラーについて

Simscape™ 結果エクスプローラーは、シミュレーション データ ログの作成結果のナビゲートとプロットが可能な対話型のツールです。

シミュレーション データのログを作成するようにモデルを設定するときに (モデル全体または選択したブロックのみ)、シミュレーション実行の完了時に Simscape 結果エクスプローラー ウィンドウを自動的に開くようにできます。そのためには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[シミュレーション後にビューアーを開く] チェック ボックスをオンにします。このワークフローの詳細は、シミュレーション データのログ作成、ナビゲートおよびプロットを参照してください。

Simscape 結果エクスプローラー ウィンドウを開くもう 1 つの方法は、ブロックを右クリックして、コンテキスト メニューから [Simscape][View simulation data] を選択することです。詳細は、選択したブロックでのシミュレーション データのログ作成と表示を参照してください。

データをプロットするノードの選択

Simscape 結果エクスプローラーの左側のペインでノードをクリックすると、対応するプロットが右側のペインに表示されます。

  • ブロックを表すノードをクリックすると、このブロック内のすべての変数のプロットが表示される。

  • 変数を表すノードをクリックすると、この変数のみのプロットが表示される。

  • 周波数と時間シミュレーション モードで、周波数変数を表すノードをクリックすると、この変数の瞬時値、振幅、オフセット、および相に対するプロットが表示される。各サブノードをクリックすると、そのデータを個別に確認できます。詳細については、周波数と時間シミュレーション モードを参照してください。

  • プロットを並べて比較するために複数の変数を選択するには、Ctrl キーを押して複数のノードをクリックする。

MATLAB セッションへのリンク

シミュレーションを再実行したときに Simscape 結果エクスプローラー ウィンドウを再利用するか、次回のシミュレーション実行後に新しいウィンドウを開くかを制御できます。これを行うには、ウィンドウをリンクおよびリンク解除します。

最初に Simscape 結果エクスプローラー ウィンドウを開くと、現在の MATLAB® セッションにリンクされます。つまり、新しいシミュレーションを実行すると、ウィンドウに表示されている結果は上書きされます。現在の結果を保持し、次回シミュレーション後に新しいウィンドウを開くには、左側ペインの上部にあるツール バーの ボタンをクリックします。ボタンの外観が に変わり、シミュレーション後に新しいウィンドウが開くと、そのウィンドウはそのセッションにリンクされます。セッションには 1 つのウィンドウしかリンクできません。そのため、複数のウィンドウを開いているときに、そのうちの 1 つをリンクすると ( ボタンをクリック)、元のウィンドウはリンク解除されます。

ブロック線図へのリンク

Simscape 結果エクスプローラー ツールでは、ブロック線図への直接リンクが提供されます。これらのリンクを使用すると、適切なブロックを強調表示したり、ブロック ダイアログ ボックスを開いて Simscape 結果エクスプローラーのツリーに記載されている変数から対応するブロックのダイアログ ボックスの [変数] タブへと簡単に移動することができます。

Simscape 結果エクスプローラーのツリー内のノードを選択すると、ウィンドウの左下隅にあるステータス パネルに次のリンクが表示されます。

  • 説明 — ノードがブロックまたはサブシステムを表している場合には、そのブロックまたはサブシステムの名前が表示されます。ノードが変数を表している場合には、記述的変数名が表示されます。これは、ブロックのダイアログ ボックスの [変数] タブに表示される名前と同じです。リンクをクリックすると、対応するブロックのダイアログ ボックスが開きます。

    たとえば、上の図で選択されているノード wRotational velocity という変数を表しています。[説明] のリンクをクリックすると、この変数の親ブロックである Inertia ブロックのダイアログ ボックスが開きます。ブロックのダイアログ ボックスで、[変数] タブをクリックし、変数 [回転速度] を確認します。

  • ソース — ノードが変数を表している場合には、その変数の親ブロックの名前が表示されます。リンクをクリックすると、対応するブロックがブロック線図で強調表示され、必要に応じて適切なサブシステムが開かれます。

    同じ例で、[ソース] のリンクをクリックすると DC Motor サブシステムが開き、選択したノード w の親ブロックである Inertia ブロックが強調表示されます。

ヒント

変数またはブロックの記述名が長すぎてステータス パネルに収まらない場合は、省略記号 () を使って打ち切られます。打ち切られた名前にカーソルを合わせると、ステータス パネルのツールヒントに省略なしの記述名が表示されます。

関連するトピック