最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション データをさまざまな単位でプロット

ログに記録されたシミュレーション データを Simscape™ 結果エクスプローラーに表示すると、x 軸のデータは常に秒単位の時間になります。ただし、y 軸の単位はプロット上で直接変更できます。

それぞれのプロットには、y 軸の単位名の隣にドロップダウン矢印があります。この矢印をクリックすると、コンテキスト メニューが表示され、単位レジストリ内のすべての単位から、現在のプロットと計測単位が相応するすべての単位と、その他 2 つのオプションがあります。

  • 既定 — 既定の単位を使用します。

  • 指定 — ポップアップ ウィンドウに単位名または式を入力して [OK] をクリックします。指定された単位名または式は、現在のプロットの単位に相応しなければなりません。

望ましいオプションを選択したら、ドロップダウン メニューが折りたたまれ、指定した単位でプロットが再描画されます。

この例では、プロット ペインで単位を対話形式で選択し、データをさまざまな単位でプロットする方法を示します。

  1. MATLAB® コマンド ウィンドウで「ssc_dcmotor」と入力して、永久磁石の DC モーターのモデル例を開きます。このモデル例では、データ ロギングがモデル全体について有効になっており、[ワークスペース変数名] パラメーターが simlog_ssc_dcmotor に設定されています。

  2. モデルをシミュレートして、シミュレーション データをログに記録します。

  3. Simscape 結果エクスプローラー ウィンドウを開き、Inertia ブロックの回転速度をプロットします。

    sscexplore(simlog_ssc_dcmotor,'DC_Motor.Inertia.w')

    既定では、Simscape 結果エクスプローラーは回転速度を rad/s 単位でプロットします。

  4. データをさまざまな単位でプロットするには、単位名の下にある矢印をクリックして、コンテキスト メニューから rpm を選択します。

    回転速度のプロットが rpm 単位で再描画されます。

関連する例

詳細