最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

選択したブロックでのシミュレーション データのログ作成と表示

この例では、モデルを設定して、選択したブロックのみについてシミュレーション データのログを作成するようにする方法と、Simscape™ 結果エクスプローラーを使用してシミュレーション データを表示する方法について示します。

  1. MATLAB® コマンド ウィンドウで「ssc_dcmotor」と入力して、永久磁石の DC モーターのモデル例を開きます。DC Motor サブシステムをダブルクリックして開きます。

  2. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの左側のペインで、[Simscape] を選択します。このモデル例では、モデル全体のデータ ロギングが有効になっています。ブロック単位でデータ ロギングを有効にするには、[シミュレーション データ ログ] パラメーターを [ローカル設定を使用] に設定し、[OK] をクリックします。

  3. データ ログを作成するブロックを選択します。Rotational Electromechanical Converter ブロックを右クリックします。コンテキスト メニューで、[Simscape][シミュレーション データ ログ] を選択します。

    データ ログを作成するブロックを選択すると、そのブロックのコンテキスト メニューで、[シミュレーション データ ログ] オプションの前にチェック マークが表示されます。

  4. 前の手順で説明したように、Inertia ブロックを右クリックしてデータ ログ作成用に選択します。

  5. モデルをシミュレートします。これにより、simlog_ssc_dcmotor という名前 ([ワークスペース変数名] パラメーターで指定) のワークスペース変数が作成され、選択したブロックのみのシミュレーション データが格納されます。

  6. Simscape 結果エクスプローラーを開くには、データ ログ作成用に以前選択したブロックの 1 つを右クリックします。たとえば Rotational Electromechanical Converter ブロックです。コンテキスト メニューで、[Simscape][View simulation data][simlog_ssc_dcmotor] を選択します。

    メモ

    Load Torque ブロックなど、シミュレーション データ ログ作成用に選択されていないブロックを右クリックした場合、[View simulation data] オプションは使用できません。

    シミュレーション実行の間にログ変数名を変更した場合、コンテキスト メニューには、ブロックに関連付けられたすべてのログ変数の名前がリストされます。たとえば、2 回のシミュレーション実行のデータを比較するには、異なる変数名を使用できます (たとえば simlog1simlog2)。Simscape 結果エクスプローラー ウィンドウで simlog1 の結果を開き、次にセッションからリンク解除して、もう 1 つのウィンドウで simlog2 の結果を開きます。詳細は、Simscape 結果エクスプローラーについてを参照してください。

    Simscape 結果エクスプローラー ウィンドウが開きます。左側のペインには Rotational_Electromechanical_Converter ノードが既に選択され、右側のペインにはこのブロックのすべてのノード プロットが表示されます。選択した 2 つのブロック、Rotational Electromechanical Converter と Inertia のシミュレーション データのみが含まれていることがわかります。

関連する例

詳細