最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Real-Time を使ったハードウェアインザループ シミュレーション

ハードウェアインザループ シミュレーションのワークフロー、ホストからターゲットへのハードウェア インターフェイス、実行時パラメーター

ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションのワークフローでは、Simulink® Real-Time™ を使用して Simscape™ モデルから生成したリアルタイム アプリケーションをダウンロードし、実行する方法を説明します。また、Simulink Real-Time を使用して、リアルタイム ターゲット上のプラントベースのアプリケーションについてシミュレーションのオーバーランをチェックし、実行時パラメーターを変更することもできます。

トピック

ハードウェアインザループ シミュレーションのワークフロー

ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーション ワークフローに従い、Simulink Coder™ および Simulink Real-Time を使用して Simscape モデルをリアルタイム ターゲット マシンに展開します。

ハードウェアインザループ シミュレーションとは

ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションを使用して、現実的な仮想スティミュラスに対しコントローラーがリアルタイムでどのように応答するかをチェックします。

コード生成に関する要件

推奨される最低限のハードウェアおよびソフトウェアの仕様に従い、Simulink Real-Time を使用してハードウェアインザループ (HIL) シミュレーション用の Simscape モデルを展開します。

Simscape HDL ワークフロー アドバイザーを使用した HDL コードの生成

Simscape モデルを FPGA 展開用の HDL コードに変換する方法について説明する。

ソフトウェアとハードウェアの構成

Simulink Real-Time を使用してターゲット ハードウェア上で Simscape モデルをシミュレートする前に、推奨事項に従って開発用コンピューターとターゲット コンピューターをコード生成とリアルタイム シミュレーション向けに構成する。

コードの生成、ダウンロードおよび実行

Simulink Coder および Simulink Real-Time を使用して、Simscape モデルをターゲット ハードウェアに展開する。

ターゲット ハードウェアのオーバーランのチェック

Simscape モデルをリアルタイム ハードウェア上で実行する際に、Simulink Real-Time を使用してタスク実行時間を評価し、CPU オーバーロードを確認する。

信号とパラメーターの可視化と制御

Simulink Real-Time を使用して Simscape モデルをリアルタイム ターゲット ハードウェア上でシミュレートする際に、信号とパラメーターの監視と制御を行います。

ターゲット ハードウェア上でのパラメーター値の変更

ターゲット ハードウェアでのシミュレーションの合間に、Simulink Real-Time を使用して Simscape 実行時パラメーターを変更する。

ハードウェアインザループ シミュレーションの問題のトラブルシューティング

Simulink Real-Time を使用したリアルタイム プロセッサ上での Simscape モデルのシミュレーションを妨げる問題の解決。