Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ハードウェアインザループ シミュレーションの問題のトラブルシューティング

リアルタイム アプリケーションでオーバーランが発生する場合、アプリケーションの実行時間を改善するために以下を行います。

  • リアルタイム モデルの準備のワークフローリアルタイム シミュレーション ワークフロー、およびハードウェアインザループ シミュレーションのワークフローで説明されているプロセスを使用する。

  • Simulink® Real-Time™ パフォーマンス アドバイザーのチェックを実行する。パフォーマンス アドバイザーの [リアルタイム アプリケーションを実行] アクティビティ モードを使用します。このモードには、物理モデル専用のチェックが含まれています。このモードは、Simscape™ モデルをリアルタイム実行向けに最適化するのに役立ちます。チェックはフォルダーにまとめられています。[Simscape チェック] フォルダー内のチェックはすべての物理モデルに適用可能です。サブフォルダーには、Simscape Electrical™Simscape Driveline™ などのアドオン製品のブロックをターゲットとするチェックが含まれています。

    チェックにアクセスするには、次を行います。

    1. パフォーマンス アドバイザーを開きます。[デバッグ] タブで、[パフォーマンス アドバイザー][パフォーマンス アドバイザー] をクリックします。

    2. パフォーマンス アドバイザー ウィンドウの [アクティビティ] で、[リアルタイム アプリケーションを実行] を選択します。

    3. 左側のペインで [リアルタイム] フォルダー、[Simscape チェック] フォルダーの順に展開します。

    4. 最上位の Simscape チェックを実行します。モデルにアドオン製品のブロックが含まれている場合は、その製品に対応するサブフォルダーのチェックも実行します。

    詳細については、Troubleshoot Unsatisfactory Real-Time Performance (Simulink Real-Time)を参照してください。

Simulink Real-Time シミュレーションはまた、開発用コンピューターとターゲット コンピューターの問題、基盤となるシステム ソフトウェアでの変更、I/O モジュールの問題、手順の誤りなどによって失敗する場合もあります。これらの問題に対処するには、Troubleshooting Basics (Simulink Real-Time)のワークフローに従ってください。詳細については、Troubleshooting in Simulink Real-Time (Simulink Real-Time)を参照してください。

関連するトピック