最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コードの生成、ダウンロードおよび実行

ターゲット ハードウェアでハードウェアインザループ シミュレーションを実行するには、Simulink® Real-Time™ を使用して次を実行します。

  • 開発用コンピューターでコードを生成し、コンパイルする。

  • ターゲット コンピューターにリアルタイム アプリケーションをダウンロードする。

  • リアルタイム アプリケーションを開発用コンピューターからリモートで実行する。

Simulink Real-Time アプリケーションのビルドと実行の要件

リアルタイム アプリケーションをビルドして実行する前に、次を実行します。

  1. モデルをリアルタイム シミュレーション用に準備して構成します。詳細は、リアルタイム モデルの準備のワークフローリアルタイム シミュレーション ワークフローを参照してください。

  2. 開発用コンピューター、ターゲット コンピューター、I/O ボードについて、ソフトウェア、I/O インターフェイス、接続をセットアップして構成します。詳細については、Simulink Real-Time Setup and Configuration (Simulink Real-Time) とMATLAB Command-Line Interface (Simulink Real-Time)を参照してください。

リアルタイム アプリケーションの作成、ビルド、ダウンロード、実行

開発用コンピューター上でモデル用のコードを生成し、そのコードをリアルタイム コンピューターに転送し、リアルタイム コンピューター上でコードを実行する方法を示す例については、Create and Run Real-Time Application from Simulink Model (Simulink Real-Time)を参照してください。

参考

関連する例

詳細