Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

信号とパラメーターの可視化と制御

Simulink® Real-Time™ 環境には、ターゲット コンピューターに対するインターフェイスがあります。このインターフェイスは、信号収集のために次の機能を提供します。

  • 信号グループの作成、保存および読み込み。

  • 信号の監視。

  • ホスト、ターゲット マシンまたはファイルの各スコープの追加および構成。

  • スコープへの信号の付加またはスコープからの信号の削除。

  • スコープの開始と停止。

  • 計器への信号の付加。

また、Simulink Real-Time インターフェイスはパラメーターの変更用に次の機能を提供します。

  • パラメーター グループの作成、保存および読み込み。

  • パラメーター値の表示と変更。

  • 計器へのパラメーターの付加。

Simulink Real-Time インターフェイスは MATLAB® または Simulink から使用できます。また、他の開発環境を使用して、MATLAB の外でカスタムのスタンドアロン クライアント アプリケーションを作成することもできます。したがって、開発用コンピューターとターゲット コンピューターのリアルタイム アプリケーションで信号とパラメーターの可視化と制御を行うには、いくつかの方法があります。

次の表では、信号の可視化とパラメーターの制御用に Simulink Real-Time でサポートされているインターフェイスを比較しています。

インターフェイス

信号収集

パラメーターの制御

MATLAB 外で実行可能

Simulink Real-Time エクスプローラー (Simulink Real-Time)

はい

はい

はい

MATLAB Command-Line Interface (Simulink Real-Time)

はい

はい

いいえ

Simulink External Mode Interface (Simulink Real-Time)

はい

はい

いいえ

Visualize Signals in Simulink Real-Time Models (Simulink Real-Time)

はい

いいえいいえ

Target Computer Command Line (Simulink Real-Time)

はい

はい

はい

参考

(Simulink Real-Time) | (Simulink Real-Time)

関連する例

詳細