最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定コスト シミュレーション

固定ステップ固定コストの機能評価、ソルバーの選択、速度と正確性のバランス

モデルに対して指定する固定ステップ ソルバーのタイプ、ステップ サイズ、および反復回数は、リアルタイム シミュレーションの速度と精度に影響します。リアルタイム シミュレーション ワークフローは、オーバーランを発生させずにターゲット マシン上でモデルを実行することが可能な固定コスト ソルバー設定の選択に役立ちます。

トピック

リアルタイム シミュレーション ワークフロー

Simscape™ モデルのソルバーをリアルタイム シミュレーション用に構成します。

リアルタイム対応を可能にするための固定コスト シミュレーション

Simscape モデルのシミュレーションの計算コストを制限するステップ サイズと反復回数を選択することで、リアルタイム シミュレーションのオーバーランを回避します。

リアルタイム シミュレーションのソルバー

指定される固定ステップ ソルバー、ステップ サイズおよび反復回数は、Simscape モデルがリアルタイムでどのようにシミュレートされるかに影響します。

システムのスティッフ性の判別

モデルの数値的スティッフ性に基づいて、固定コスト シミュレーションに適したソルバーを選択します。

ステップ サイズと反復回数の選択

許容可能な精度と速度を提供するステップ サイズと反復回数の組み合わせを指定することで、Simscape モデルをリアルタイム シミュレーション用に最適化し、オーバーランを回避します。

計算コストの推定

リアルタイム ターゲット マシンで Simscape モデルをシミュレートする際にオーバーランが発生する可能性が高いかどうかを、計算コストを推定して判断します。

リアルタイム シミュレーションに関する問題のトラブルシューティング

リアルタイム シミュレーションにおいて Simscape モデルのオーバーランを引き起こす問題を、リアルタイム ワークフローとパフォーマンス アドバイザーのチェックを使用して解決します。