ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

showconstr

構文

showconstr(constr)

説明

showconstr(constr) は、MATLAB® コマンド ウィンドウで最適化制約 constr を表示します。

すべて折りたたむ

最適化制約の配列を表示します。

x = optimvar('x',3,2);
constr = sum(x,2) <= [1;3;2];
showconstr(constr)
(1, 1)

  x(1, 1) + x(1, 2) <= 1

(2, 1)

  x(2, 1) + x(2, 2) <= 3

(3, 1)

  x(3, 1) + x(3, 2) <= 2

入力引数

すべて折りたたむ

最適化制約。OptimizationConstraint オブジェクトとして指定します。constr は単一の制約または制約の配列を表すことができます。

例: constr = x + y <= 1 は、xy がスカラー変数の場合は単一の制約です。

例: constr = sum(x) == 1 は、x が 2 次元以上の配列の場合は制約の配列です。

ヒント

  • 大規模または複雑な制約の場合は、writeconstr を使用して制約情報を含むテキスト ファイルを生成します。

R2017b で導入