ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

strcmpi

文字列を比較する (大文字と小文字を区別しない)

構文

tf = strcmpi(s1,s2)

説明

tf = strcmpi(s1,s2)s1s2 を比較します。大文字と小文字は区別しません。この関数は、両者が同一の場合は 1 (true) を返し、そうでない場合は 0 (false) を返します。テキストのサイズと内容が同一である場合、大文字小文字の違いは別として、これらのテキストは同一と見なされます。返される結果 tf のデータ型は logical です。

入力引数には、string 配列、文字ベクトル、および文字ベクトルの cell 配列を任意に組み合わせることができます。

すべて折りたたむ

2 つの異なる文字ベクトルを比較します。大文字小文字の違いは無視します。

s1 = 'Yes';
s2 = 'No';
tf = strcmpi(s1,s2)
tf = logical
   0

大文字小文字の区別を無視しても s1s2 は等しくないため、strcmpi0 を返します。

2 つの等しい文字ベクトルを比較します。

s1 = 'Yes';
s2 = 'yes';
tf = strcmpi(s1,s2)
tf = logical
   1

大文字小文字の区別を無視すれば s1s2 は等しいため、strcmpi1 を返します。

文字ベクトルの cell 配列内で、'once' という語と一致するテキストを検索します。大文字小文字の区別を無視します。

s1 = 'once';
s2 = {'Once','upon';
      'a','time'};
tf = strcmpi(s1,s2)
tf = 2x2 logical array

   1   0
   0   0

大文字小文字の区別を無視した場合、s1 は配列 s2 の中で 1 回発生しており、その発生箇所は要素 s2(1,1) です。

文字ベクトルの cell 配列を 2 つ作成します。大文字と小文字の区別を無視してこれらを比較するには、関数 strcmpi を使用します。

s1 = {'Tinker', 'Tailor';
      '  Soldier', 'Spy'};
s2 = {'Tinker', 'Baker';
      'Soldier', 'SPY'};

tf = strcmpi(s1,s2)
tf = 2x2 logical array

   1   0
   0   1

'Tinker' が両方の配列の最初のセルにあるため、tf(1,1)1 です。'Spy''SPY' は大文字と小文字の違いしかないため、tf(2,2)1 です。s1(2,1)' Soldier' には空白文字があり、s2(2,1)'Soldier' にはないため、tf(2,1)0 です。

R2017a 以降、二重引用符を使用して string を作成できるようになりました。strcmpi を使用し、大文字と小文字の区別を無視して 2 つの string 配列を比較します。

s1 = ["A","bc";
      "def","G"];
s2 = ["B","c";
      "DEF","G"];

tf = strcmpi(s1,s2)
tf = 2x2 logical array

   0   0
   1   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力テキスト。各入力は、文字ベクトル、文字配列、文字ベクトルの cell 配列または string 配列として指定します。入力の順番は比較の結果に影響しません。

  • s1s2 が両方とも string 配列または文字ベクトルの cell 配列の場合、一方がスカラーでない限り、s1s2 は同じサイズでなければなりません。

  • s1s2 が両方とも複数行の文字配列である場合、s1s2 は異なる行数をもつことができます。

  • 文字ベクトルの非スカラー cell 配列または string 配列を複数行の文字配列と比較する場合、その cell 配列または string 配列は、文字配列と同じ行数の列ベクトルでなければなりません。

データ型: char | cell | string

出力引数

すべて折りたたむ

true または false の結果。データ型 logical1 または 0 として返されます。

  • 各入力が string スカラーまたは文字ベクトルのいずれかである場合、tf はスカラーです。

  • 少なくとも 1 つの入力が string 配列または文字ベクトルの cell 配列のいずれかである場合、tf はその入力配列と同じサイズの配列になります。

  • 1 つの入力が複数行の文字配列で、もう一方の入力がスカラー セルまたは string スカラーのいずれかである場合、tfn1 列の配列です。n は文字配列の行数です。

  • 両方の入力が文字配列の場合、tf はスカラーです。

ヒント

  • 関数 strcmpi は、テキストの比較を想定しています。サポートされていないデータ型に対して使用した場合、strcmpi は常に 0 を返します。

  • 大文字小文字を区別してテキストを比較する場合は、strcmpi ではなく strcmp を使用します。

  • strcmpi は C 関数と名前が共通していますが、テキスト入力が一致した場合に 0 を返すという C 言語の規則には従いません。

拡張機能

R2006a より前に導入