最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

spy

行列のスパース パターンの可視化

説明

spy(S) は、行列 S のスパース パターンをプロットします。非ゼロの値に色が付けられ、ゼロの値は白色になります。プロットには、行列内の非ゼロの数 nz = nnz(S) が表示されます。

spy(S,LineSpec) はさらに LineSpec を指定し、プロットで使用するマーカーの記号と色を設定します。たとえば、spy(A,'r*') は、非ゼロに赤のアスタリスクを使用します。

spy(___,MarkerSize) は、前述のいずれかの入力引数の組み合わせを使用し、MarkerSize を指定してマーカーのサイズを設定します。

すべて折りたたむ

Buckminster Fuller のジオデシック ドームの連結性グラフの 60 行 60 列のスパース隣接行列をプロットします。この行列は、C60 フラーレン分子およびサッカー ボールも表現します。

B = bucky;
spy(B)

色とマーカーを指定します。

spy(B,'ro')

マーカー サイズも指定します。

spy(B,'ro',2)

入力引数

すべて折りたたむ

入力行列。S は通常スパース行列ですが、非スパースとスパースのいずれでも構いません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical
複素数のサポート: あり

マーカー サイズ。正の整数スカラーとして指定します。

例: spy(A,3) はサイズ 3 のマーカーを使用します。

マーカーの記号および色。記号を含む文字ベクトルまたは string として指定します。記号の順番は任意です。特性 (マーカーと色) の両方を指定する必要はありません。たとえば、色を省略してマーカーを指定した場合、プロットでは既定の色と指定したマーカーが使用されます。

例: 'or' では、赤い円形マーカーが使用されます。

マーカー説明
o
+プラス記号
*アスタリスク
.
x十字
s正方形
d菱形
^上向き三角形
v下向き三角形
>右向き三角形
<左向き三角形
p星形五角形
h星形六角形
説明

y

m

マゼンタ

c

シアン

r

g

b

w

k

ヒント

  • format + は、小さな行列の非ゼロ構造を表示するテキストベースの代替方法です。

    format +
    eye(4)
    ans =
    
    +   
     +  
      + 
       +

拡張機能

R2006a より前に導入