ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

spy

スパース パターンの可視化

構文

spy(S)
spy(S,markersize)
spy(S,LineSpec)
spy(S,LineSpec,markersize)

説明

spy(S) は、任意の行列 S のスパース パターンをプロットします。

spy(S,markersize) は、markersize が整数のとき、指定したポイント サイズのマーカーを使用して、スパース パターンをプロットします。

spy(S,LineSpec) は、LineSpec が文字ベクトルのとき、指定したプロットのマーカーのタイプと色を使用します。

spy(S,LineSpec,markersize) は、プロット マーカーに対して、指定されたタイプ、色、サイズを使用します。

S は、通常、スパース行列ですが、非スパース行列でも構いません。この場合では、非ゼロ要素の位置がプロットされます。

メモ:

spy は、format + の代わりとなります。format + は、本質的に同じ情報を表示するためより大量の容量が必要となります。

すべて折りたたむ

この例では、Buckminster Fuller のジオデシック ドームの連結性グラフの 60 行 60 列のスパース隣接行列をプロットします。この行列は、サッカー ボールや炭素 60 の分子を表現します。

B = bucky;
spy(B)

拡張機能

R2006a より前に導入