Main Content

pagectranspose

ページ単位の複素共役転置

R2020b 以降

説明

Y = pagectranspose(X) は、N 次元配列 X の各ページに複素共役転置を適用します。出力 Y(:,:,i) の各ページは、X(:,:,i)' のように、X の対応するページの共役転置です。

すべて折りたたむ

3 次元複素数配列 A を作成し、pagectranspose を使用して配列の各ページの複素共役転置を検出します。

r = repelem(1:3,3,1);
A = cat(3,r,2*r,3*r);
A = A + 1i
A = 
A(:,:,1) =

   1.0000 + 1.0000i   2.0000 + 1.0000i   3.0000 + 1.0000i
   1.0000 + 1.0000i   2.0000 + 1.0000i   3.0000 + 1.0000i
   1.0000 + 1.0000i   2.0000 + 1.0000i   3.0000 + 1.0000i


A(:,:,2) =

   2.0000 + 1.0000i   4.0000 + 1.0000i   6.0000 + 1.0000i
   2.0000 + 1.0000i   4.0000 + 1.0000i   6.0000 + 1.0000i
   2.0000 + 1.0000i   4.0000 + 1.0000i   6.0000 + 1.0000i


A(:,:,3) =

   3.0000 + 1.0000i   6.0000 + 1.0000i   9.0000 + 1.0000i
   3.0000 + 1.0000i   6.0000 + 1.0000i   9.0000 + 1.0000i
   3.0000 + 1.0000i   6.0000 + 1.0000i   9.0000 + 1.0000i

B = pagectranspose(A)
B = 
B(:,:,1) =

   1.0000 - 1.0000i   1.0000 - 1.0000i   1.0000 - 1.0000i
   2.0000 - 1.0000i   2.0000 - 1.0000i   2.0000 - 1.0000i
   3.0000 - 1.0000i   3.0000 - 1.0000i   3.0000 - 1.0000i


B(:,:,2) =

   2.0000 - 1.0000i   2.0000 - 1.0000i   2.0000 - 1.0000i
   4.0000 - 1.0000i   4.0000 - 1.0000i   4.0000 - 1.0000i
   6.0000 - 1.0000i   6.0000 - 1.0000i   6.0000 - 1.0000i


B(:,:,3) =

   3.0000 - 1.0000i   3.0000 - 1.0000i   3.0000 - 1.0000i
   6.0000 - 1.0000i   6.0000 - 1.0000i   6.0000 - 1.0000i
   9.0000 - 1.0000i   9.0000 - 1.0000i   9.0000 - 1.0000i

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。多次元配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | struct | cell | categorical | datetime | duration | calendarDuration
複素数のサポート: あり

詳細

すべて折りたたむ

配列ページ

pagectranspose のようなページ単位関数は、多次元配列に配置された 2 次元行列を処理します。たとえば 3-D 配列では、配列の 3 番目の次元にある要素は、本のページのようにお互いの上に積み重なるため、一般に "ページ" と呼ばれています。各ページは関数によって処理される行列です。

3-D array with several matrices stacked on top of each other as pages in the third dimension

2 次元行列の集合から、4 次元配列または 5 次元配列のような、より高い次元の配列も作成できます。この場合でも、pagectranspose は配列の基本単位を X(:,:,i,j,k,l) などの処理される 2 次元行列として扱います。

関数 cat は、行列の集合から多次元配列を作成するのに便利です。関数 zeros は、多次元配列を事前に割り当てるのに便利です。

ヒント

  • ページ単位の複素共役転置は、配列の最初の 2 次元を permute(conj(X),[2 1 3:ndims(X)]) を使用して並べ替えるのと同じです。

拡張機能

バージョン履歴

R2020b で導入