Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

figurepalette

[Figure パレット] の表示または非表示

構文

figurepalette('show')
figurepalette('hide')
figurepalette('toggle')
figurepalette
figurepalette(figure_handle,...)

説明

figurepalette('show') は、現在の Figure 上に Figure パレットを表示します。

figurepalette('hide') は、現在の Figure 上の Figure パレットを非表示にします。

figurepalette('toggle') は、現在の Figure 上の Figure パレットの表示と非表示を切り替えます。

figurepalette は、figurepalette('show') と同じです。

figurepalette(figure_handle,...) は、figure_handle で指定される Figure のパレットの表示と非表示を切り替えます。

Figure パレットを開く

ラインをプロットし、Figure パレットを開きます。

plot(1:10)
figurepalette('show')

The Figure Palette to the left of a figure window. The Figure Palette has sections titled "New Subplots", "Variables", and "Annotations".

ヒント

MATLAB® プログラムで figurepalette を呼び出し、後続のラインが完全に初期化されている Figure パレットに依存する場合は、drawnow を続けて初期化を完了します。

代替方法

Figure Palette ツールの開くと閉じるは、Figure の [表示] メニューから操作します。

R2006a より前に導入