ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

eventlisteners

COM オブジェクト イベントに関連付けられたイベント ハンドラー関数の一覧表示

構文

info = eventlisteners(c)

説明

info = eventlisteners(c) は、COM オブジェクトに登録されたイベントとそのイベント ハンドラー ルーチンを一覧表示します。イベントの登録は、actxcontrol を使用してコントロールを作成するとき、または registerevent を使用してコントロールを作成した後に実行できます。

すべて折りたたむ

mwsamp コントロールを作成し、myclick というイベント ハンドラー関数を Click イベントに追加します。

f = figure('position',[100 200 200 200]);
C = actxcontrol('mwsamp.mwsampctrl.2',[0 0 200 200],f,{'Click' 'myclick'});
eventlisteners(C)
ans = 'Click'    'myclick'

さらに 2 つのイベント DblClickMouseDown のハンドラーを登録します。

registerevent(C,{'DblClick', 'my2click'; 'MouseDown' 'mymoused'})
eventlisteners(C)
ans = 
    'Click'        'myclick' 
    'Dblclick'     'my2click'
    'Mousedown'    'mymoused'

入力引数

すべて折りたたむ

COM オブジェクト。関数ハンドルとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

イベント ハンドラー関数のリスト。文字ベクトルの cell 配列として返されます。各行には登録されたイベントの名前と、そのイベントのハンドラー ルーチンが含まれます。オブジェクトが、登録していないイベントをもつ場合、関数 eventlisteners は、空の cell 配列を返します。

制限

  • COM 関数は、Microsoft® Windows® システムでのみ使用可能です。

R2006a より前に導入