Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カラーマップ エディター

カラーマップ エディターを開く

説明

カラーマップ エディターを使用して、選択した Figure または座標軸のカラーマップをカスタマイズできます。

カラーマップ エディターを使用すると、以下を実行できます。

  • 事前定義されたカラーマップを選択する。

  • 保存されたカラーマップをワークスペースからインポートする。

  • カラーマップの色の位置を調整する。

  • 特定の位置で色を変更する。

MATLAB® は選択した Figure または座標軸のカラーマップに変更を適用します。

カラーマップ エディター を開く

MATLAB コマンド プロンプト: colormapeditor と入力します。

すべて展開する

mri データセットを読み込み、1 つのイメージ スライスを表示します。

load mri
imagesc(D(:,:,1,11))

Cross-section of a brain displayed using blue, green, and yellow colors

カラーマップ エディターを開きます。ドロップダウン メニューを使用して、カラーマップを [Hot] に変更します。

colormapeditor

Colormap Editor with the hot colormap selected

Cross-section of a brain displayed using black, red, and yellow colors

赤いセクションをクリックして右側にドラッグし、カラーマップを調整します。

Colormap Editor with a cursor over the displayed colormap. An arrow points to the right.

新しいカラーマップは、イメージの中心付近をより詳細に示します。

Cross-section of brain displayed using darker red and yellow colors

パラメーター

カラーマップのカスタマイズ

カラー マーカーを使用して、カラーマップ内の色と遷移の長さを変更できます。[色の指定] タブを開いてカラー マーカーを表示し、調整します。

この表では、実行できる調整を説明しています。

調整

調整手順

カラー マーカーの追加

表示されたカラーマップをクリックします。Current Index を 1 と Size の間の整数値として指定することもできます。

マーカーの選択

マーカーをクリックします。

複数のマーカーの選択

最初のマーカーをクリックします。次に、Ctrl キーを押したまま他のマーカーをクリックします。

マーカーの移動

マーカーをクリックしてドラッグします。または、マーカーを選択して、左右の矢印キーを押します。

一度に 1 つのマーカーのみを移動できます。

マーカーの削除

マーカーを選択して、Delete キーを押します。

複数のマーカーの削除

複数のマーカーを選択して、Delete キーを押します。

マーカーの色の変更

マーカーをダブルクリックして、ドロップダウン メニューから色を選択します。

カラー マーカーのインデックス。1 と Size の間の正の整数として指定します。カラー マーカーをクリックしてそのインデックスを表示します。Current Index を指定して新しいマーカーを追加します。

このプロパティは読み取り専用です。

カラーマップを使用するグラフィックス オブジェクトの CData プロパティのカラー データ値。CLim MinimumCLim Maximum の間の数値として指定します。

サイズと色空間を編集

色数。[1, 1000] の範囲の整数として指定します。

色空間の内挿。次の値のいずれかとして指定します。

  • RGB — MATLAB は、色の赤、緑、青の成分を線形内挿することによって新しいカラーマップの値を計算します。

  • HSV — MATLAB は、色相、彩度、明度の座標を線形内挿することによって新しいカラーマップの値を計算します。色相はカラー ホイール上の値に対応し、赤からオレンジ、黄、緑、シアン、青、マゼンタと遷移して、最後に赤に戻ります。色相の内挿は、カラー ホイール上の隣接する色の最短距離として計算されます。

色空間を変更する場合、カラーマップ エディターはマーカーの数、色、位置を保持し、これによってカラーマップを変更できます。

カラーマップの反転。次の値のいずれかとして指定します。

  • on – 表示されているカラーマップで色の順序を反転します。

  • off – カラーマップを反転しません。

これらのイメージには Reverseoffon として指定された parula カラーマップが表示されます。

offon

Colormap transitioning from blue on the left to yellow on the right

Colormap transitioning from yellow on the left to blue on the right

カラーマップの範囲を設定

カラーマップの下限。数値として指定します。プロット データ内の CLim Minimum 値以下のすべての値は、カラーマップの最初の色にマッピングされます。CLim MinimumCLim Maximum の間の値はすべて、カラーマップの中間の色に線形にマッピングされます。

CLim MinimumCLim Maximum を変更すると、これらの変更はプロットの座標軸の CLim プロパティに反映されます。

カラーマップの上限。数値として指定します。プロット データ内の CLim Maximum 値以上のすべての値は、カラーマップの最後の色にマッピングされます。CLim MinimumCLim Maximum の間の値はすべて、カラーマップの中間の色に線形にマッピングされます。

CLim MinimumCLim Maximum を変更すると、これらの変更はプロットの座標軸の CLim プロパティに反映されます。

ヒント

  • ワークスペースからカラーマップをインポートするには、[インポート] を選択します。

  • 変更後にワークスペースにカラーマップを保存するには、[ファイル][名前を付けて保存] を選択するか、Ctrl+S キーを押します。カラーマップを今後のセッションで使用する MAT ファイルとして保存するには、関数 save を使用します。

参考

関数

R2006a より前に導入