ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

acsc

ラジアン単位の逆余割

説明

Y = acsc(X) は、X の要素の逆余割(csc-1) をラジアン単位で返します。この関数は、実数入力と複素数入力の両方を受け入れます。

  • X が区間 [-∞, -1] および [1, ∞] の実数値の場合、acsc(X) は区間 [-π/2, π/2] の実数値を返す。

  • X が区間 (-1, 1) の実数値の場合、および X が複素数値の場合、acsc(X) は複素数値を返す。

すべて折りたたむ

値の逆余割を求めます。

acsc(3)
ans = 0.3398

ベクトル x の要素の逆余割を求めます。関数 acsc は、x を要素単位で処理します。

x = [0.5i 1+3i -2.2+i];
Y = acsc(x)
Y = 1×3 complex

   0.0000 - 1.4436i   0.0959 - 0.2970i  -0.3795 - 0.1833i

-10x<-11<x10 の区間で逆余割関数をプロットします。

x1 = -10:0.01:-1.01; 
x2 = 1.01:0.01:10;
plot(x1,acsc(x1),'b')
hold on
plot(x2,acsc(x2),'b')
grid on

入力引数

すべて折りたたむ

角度の余割。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。X が非スカラーの場合、acsc 演算は要素単位で行われます。

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

詳細

すべて折りたたむ

逆余割

逆余割は次のように定義されます。

csc1(z)=sin1(1z).

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | |

R2006a で導入