ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Python 用の MATLAB エンジン API のインストール

Python® セッション内で MATLAB® エンジンを開始するには、まず Python パッケージとしてエンジン API をインストールしなければなりません。MATLAB では distutils モジュールを使用してエンジンをビルドおよびインストールする標準の Python setup.py ファイルを提供しています。同じ setup.py コマンドを使用して、Windows®Mac または Linux® のシステムでエンジンをビルドし、インストールすることができます。

インストールする前に、Python の構成と MATLAB の構成を確認してください。

  • 使用しているシステムに Python のサポートされているバージョンと MATLAB R2014b 以降がインストールされていることを確認します。システムに Python がインストールされていることを確認するには、オペレーティング システムのプロンプトで Python を実行します。

  • Python インタープリターがパス上にない場合は、それを含むフォルダーをパスに追加します。

  • MATLAB フォルダーへのパスを見つけます。MATLAB を起動し、コマンド ウィンドウで matlabroot と入力します。matlabroot によって返されたパスをコピーします。

エンジン API をインストールするには、オペレーティング システムのプロンプトで次のコマンドを実行します。ここで matlabroot は MATLAB フォルダーへのパスです。これらのコマンドの実行には、管理者権限が必要な場合があります。あるいは、既定以外の場所への Python 用の MATLAB エンジン API のインストールで説明する既定以外のオプションのいずれかを使用します。

  • Windows システムの場合 —

    cd "matlabroot\extern\engines\python"
    python setup.py install
    
  • Mac または Linux システムの場合 —

    cd "matlabroot/extern/engines/python"
    python setup.py install
    

メモ

この python コマンドを指定されたフォルダーで呼び出さなければなりません。

関連するトピック

外部の Web サイト