最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

既定以外の場所への Python 用の MATLAB エンジン API のインストール

既定以外のフォルダーでのビルドまたはインストール

既定では、インストーラーは Python® 用のエンジン API を matlabroot\extern\engines\python フォルダー内にビルドします。インストーラーは既定の Python フォルダー内にエンジンをインストールします。これらのフォルダーに対して書き込み権限がない場合は、次の既定以外のオプションのいずれかを選択します。別のフォルダーにインストールする場合は、変数 PYTHONPATH をそのフォルダーの場所に更新します。

次に、エンジン API のビルドとインストールに関するオプションを、オペレーティング システムのプロンプトに入力するコマンドと共に示します。

既定以外のフォルダーでのビルド、既定のフォルダーへのインストール

MATLAB® フォルダーでエンジンをビルドする書き込み権限がない場合は、既定以外のフォルダー builddir を使用します。

cd "matlabroot\extern\engines\python"
python setup.py build --build-base="builddir" install

既定のフォルダーでのビルド、既定以外のフォルダーへのインストール

既定の Python フォルダーにエンジンをインストールする書き込み権限がない場合は、既定以外のフォルダー installdir を使用します。

cd "matlabroot\extern\engines\python"
python setup.py install --prefix="installdir"

Python パッケージの検索パスに installdir を含めるには、installdir を環境変数 PYTHONPATH に追加します。

既定以外のフォルダーでのビルドおよびインストール

MATLAB フォルダーと既定の Python フォルダー両方への書き込み権限がない場合は、既定以外のフォルダーを指定できます。ビルド フォルダーには builddir を使用し、インストール フォルダーには installdir を使用します。

cd "matlabroot\extern\engines\python"
python setup.py build --build-base="builddir" install --prefix="installdir"

ホーム フォルダーへのエンジンのインストール

エンジン API を自分が使用するためにのみインストールするには、--user オプションを使用してホーム フォルダーにインストールします。

cd "matlabroot\extern\engines\python"
python setup.py install --user

--user を使用してインストールするときは、ホーム フォルダーを PYTHONPATH に追加する必要はありません。

関連する例

詳細