ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

PythonMATLAB エンジンの起動と停止

PythonMATLAB エンジンの開始

  • オペレーティング システム プロンプトで Python® を起動します。

  • matlab.engine パッケージを Python セッションにインポートします。

  • start_matlab を呼び出し、新しい MATLAB® プロセスを開始します。関数 start_matlab が Python の eng オブジェクトを返します。このオブジェクトを使用すると、データを渡し、MATLAB によって実行される関数を呼び出すことができます。

import matlab.engine
eng = matlab.engine.start_matlab()

複数のエンジンの実行

それぞれのエンジンを個別に起動します。それぞれのエンジンが起動し、それぞれの MATLAB プロセスとやり取りを行います。

eng1 = matlab.engine.start_matlab()
eng2 = matlab.engine.start_matlab()

エンジンの停止

関数 exit または quit のいずれかを呼び出します。

eng.quit()

エンジンの実行中に Python を終了すると、Python はエンジンとその MATLAB プロセスを自動的に停止します。

起動オプションを使用したエンジンの起動

エンジンを起動し、オプションを入力引数の文字列として matlab.engine.start_matlab に渡します。たとえば、MATLAB をデスクトップで起動します。

eng = matlab.engine.start_matlab("-desktop")

1 つの文字列で複数の起動オプションを定義できます。たとえば、デスクトップを起動し、数値表示形式を short に設定します。

eng = matlab.engine.start_matlab("-desktop -r 'format short'")

エンジンを起動した後にデスクトップを起動することもできます。

import matlab.engine
eng = matlab.engine.start_matlab()
eng.desktop(nargout=0)

非同期でのエンジンの起動

エンジンを非同期で起動します。MATLAB の起動時に、Python コマンド ラインでコマンドを入力することができます。

import matlab.engine
future = matlab.engine.start_matlab(background=True)

MATLAB インスタンスを作成して MATLAB で計算を実行できるようにします。

eng = future.result()

参考

関連するトピック