Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C++ 共有ライブラリの関数の呼び出し

パスの設定

関数 addpath を使用して、MATLAB® インターフェイス ファイルを MATLAB パスに配置します。

MATLAB は、MATLAB パス上のライブラリ インターフェイス ファイルを探します。ライブラリ libname のインターフェイス ファイルは libnameInterface.ext です。ここで、ext共有ライブラリ ファイルのプラットフォーム固有のファイル拡張子です。

C++ 共有ライブラリ ファイルとその依存関係がある場合は、システム パス上またはランタイム検索パス (rpath) 上になければなりません。詳細については、C++ インターフェイス用のランタイム ライブラリ パスの設定を参照してください。

ヘルプの表示

MATLAB の関数 help と関数 doc は、ライブラリのメンバーについてのヘルプを提供します。たとえば、ライブラリ libname 内の関数 funcname のヘルプを表示するには、次のように入力します。

help clib.libname.funcname

関数の呼び出し

C++ ライブラリの関数を呼び出すには、MATLAB clib パッケージを使用します。以下を入力すると、MATLAB は自動的にライブラリを読み込みます。

memberName = "fully-qualified-class-member";
clib.memberName

MATLAB がライブラリを読み込んだ後、タブ補完を使用して clib パッケージのメンバーを表示できます。

たとえば、ライブラリ libname の関数 funcname を呼び出すには、次のステートメントを入力します。funcname は入力引数 arg1, arg2, ... と出力引数 retVal を定義します。

retVal = clib.libname.funcname(arg1, arg2, ...)

関連するトピック