ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

オブジェクトのインデックス付け

クラスへの添字による参照と割り当てをカスタマイズします。

オブジェクト配列へのインデックス付けによる参照と割り当ての動作をカスタマイズします。ユーザー定義クラスは組み込みの MATLAB® クラスと同じインデックス付けの動作をしますが、クラスに特別な要件がある場合は、この動作を変更できます。

関数

numArgumentsFromSubscriptカスタマイズされたインデックス手法の引数の数
subsref添字を使った参照
subsasgn添字による代入の再定義
subsindexオブジェクトの配列インデックスへの変換
substruct関数 subsasgn または関数 subsref のための構造体引数の作成
builtinオーバーロードされたメソッドから組み込み関数を実行する

トピック

添字インデックスのカスタマイズ

オブジェクト配列インデックス付け

MATLAB クラスは既定でオブジェクト配列インデックス付けをサポートしています。

インデックス付きの参照

添字を使った参照の変更方法を説明。

インデックス付きの代入

添字を使用した代入の変更方法を説明。

subsref メソッドおよび subsasgn メソッドのコード パターン

オブジェクトのインデックス付けに役立つコード パターンがあります。

subsref および subsasgn の引数の数

オブジェクト配列インデックス付けを変更するクラスは、インデックス メソッドから返される、またはインデックス メソッドに渡される正確な数の引数を処理しなければなりません。

インデックス メソッド用の nargout および nargin の変更

インデックス メソッドに渡す引数またはインデックス メソッドから返される引数の数を変更する。

特別なインデックス

オブジェクトのインデックスとしての end

オブジェクトのインデックス付けで end の使用を実装する方法について説明します。

インデックス式におけるオブジェクト

インデックス式のインデックスとして使用できるオブジェクトを設計できます。

変更されたインデックスをもつクラス

このサンプル クラスの実装によりオブジェクトのインデックス付けを変更します。