Main Content

matlab.indexing.IndexingOperation クラス

パッケージ: matlab.indexing

カスタマイズしたインデックス演算のタイプおよび参照インデックス

R2021b 以降

説明

カスタマイズしたインデックス演算を実装するクラスでは、MATLAB®matlab.indexing.IndexingOperation のインスタンスを作成して所定のインデックス演算のタイプおよびその演算によって参照されるインデックスを記述します。IndexingOperation インスタンスは次のクラスのメソッドの引数として使用されます。

クラスの属性

Sealed
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

MATLAB は必要に応じて IndexingOperation のインスタンスを作成します。プロパティ値は作成時に設定されます。

プロパティ

すべて展開する

インデックス演算のタイプ。次の IndexingOperationType 列挙メンバーとして指定します。

  • Brace

  • Dot

  • Paren

  • ParenDelete

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable

インデックス演算で参照されるインデックスのリスト。cell 配列として指定します。Type プロパティが Dot の場合、このプロパティにアクセスするとエラーが発生します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable

ドット インデックス演算で参照されるフィールドの名前。string として指定します。Type プロパティの値が Dot 以外の場合、このプロパティにアクセスするとエラーが発生します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable

サンプル プロパティ値

次の表は、カスタマイズしたインデックス呼び出しおよび MATLAB が作成する IndexingOperation インスタンスのタイプの例を示しています。式に複数のインデックス演算が含まれている場合、IndexingOperation インスタンスの配列が生成されます。

インデックス式

IndexingOperation インスタンス

obj(1,[2,3]) = 4

Type: IndexingOperationType.Paren

Indices: {1,[2,3]}

obj.PrivateProp{1}

インスタンス 1:

Type: IndexingOperationType.Dot

Name: "PrivateProp"

インスタンス 2:

Type: IndexingOperationType.Brace

Indices: {1}

obj(true,:) = []

Type: IndexingOperationType.ParenDelete

Indices: {1,':'}

バージョン履歴

R2021b で導入