最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Bluetooth Low Energy での通信

Bluetooth® Low Energy 周辺デバイスからの読み取りと、そこへの書き込み

Bluetooth Low Energy (旧名 Bluetooth Smart) は、Bluetooth を低電力の周辺デバイスで使用する無線通信プロトコルです。これらの周辺デバイスには、フィットネス トラッカー、ヘルス モニター、およびスマートウォッチや無線ヘッドホンなどのパーソナル電子機器が含まれます。MATLAB® での Bluetooth Low Energy 通信のサポートは、Instrument Control Toolbox™ のBluetooth Communication (Instrument Control Toolbox)インターフェイスとは異なります。

Bluetooth Low Energy をサポートする周辺デバイスに接続するには、コンピューターに内蔵または外付けの Bluetooth 4.0 アダプターが備わっている必要があります。デバイスへの接続後、MATLAB を使用してデータの読み取りや書き込みを行います。標準とカスタム両方のサービス、特性、および記述子を扱うことができます。

Bluetooth Low Energy 通信の標準と仕様の詳細については、Bluetooth SIG を参照してください。

関数

blelist近くにある Bluetooth Low Energy 周辺デバイスのスキャン
bleBluetooth Low Energy 周辺デバイスに接続
characteristicBluetooth Low Energy 周辺デバイスの特性にアクセス
descriptorBluetooth Low Energy 周辺デバイス上の記述子へのアクセス
readBluetooth Low Energy 周辺デバイス上で特性または記述子のデータを読み取る
writeBluetooth Low Energy 周辺デバイス上の特性または記述子にデータを書き込む
subscribe特性から通知または表示をサブスクライブ
unsubscribe特性から通知および表示をサブスクライブ解除

トピック

Bluetooth Low Energy での通信の概要

Bluetooth Low Energy プロトコルを扱うための基本的な概念と用語を学習する。

Bluetooth Low Energy 周辺デバイスの検索

Bluetooth Low Energy 周辺デバイスをスキャンし、それに接続する。各デバイスのアドバタイズ データを表示して、接続を作成する前に、デバイス タイプと、それが接続可能かどうかを判定することができます。

デバイスの特性と記述子の操作

特性と記述子の読み取りや書き込みによって、Bluetooth Low Energy 周辺デバイスを制御する。標準およびカスタム両方の特性と記述子を操作することができます。

フィットネス モニタリング デバイスからのデータの収集

この例では、Bluetooth® Low Energy 通信を使用して、フィットネス モニタリング デバイスからデータを集めてプロットする方法を説明します。

Bluetooth Low Energy デバイスの向きの追跡

この例では、Bluetooth® Low Energy 通信を使用して、デバイスのモーション センサー データでデバイスの向きを追跡する方法を説明します。

Bluetooth Low Energy のトラブルシューティング

デバイスに問題がある場合は以下の手順を試す。