ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ネットワーク ライセンス マネージャー向けの MATLAB ジョブ スケジューラの統合

クラスターに既存のスケジューラがない場合は、次の手順に従って MATLAB® ジョブ スケジューラを統合します。これは MATLAB Parallel Server™ に付属しています。既にスケジューラをもつクラスターがある場合は、MATLAB とサードパーティ製スケジューラとの統合を参照してください。

MATLAB をスケジューラと統合した後、Parallel Computing Toolbox™ を備えたデスクトップ MATLAB クライアント セッションからクラスターのワーカーにアクセスできます。

これらの手順では、設定にネットワーク ライセンス マネージャーを使用します。

MATLAB Parallel Server ライセンスのアクティベーション

MATLAB Parallel Server をインストールするには、ライセンスのアクティベーションを行わなければなりません。MATLAB Parallel Server ライセンスのアクティベーションを行うには、次を行います。

  1. https://www.mathworks.com/licensecenterに移動します。

  2. 管理者の MathWorks アカウントにログインします。

  3. MATLAB Parallel Server ライセンスを選択し、[インストールとアクティベーション] タブをクリックします。

  4. 右端の [関連タスク] から [アクティベーションを実行してライセンス ファイルを取得] を選択します。

  5. 要求された情報を入力します。この情報はライセンス マネージャーをホストするマシンを参照していなければなりません。この手順ではヘッド ノードです。詳細については、ヘッド ノードへのソフトウェアのインストールを参照してください。

  6. 情報を入力したら、ライセンス ファイルをダウンロードするか電子メールで送信し、ファイル インストール キーをコピーします。これらはプロセスの後半で使用します。

メモ:

評価版のアクティベーションは不要です。営業担当者に問い合わせて、ライセンス ファイルとファイル インストール キーを取得してください。

インストール ファイルの入手

時間を節約し、クラスター内のコンピューターごとにインストーラーベースのダウンロード処理を行わずにすむように、インストールの前にインストール ファイルをダウンロードします。これにより、多数のマシンへのインストールが容易になります。ライセンスに対応する管理者アカウントにアクセスできる場合は、インストーラーを使用してファイルをダウンロードできるため、ファイルをインストールする必要はありません。そうでない場合は、ライセンスの管理者に問い合わせてインストール ファイルのコピーを取得します。詳細については、インストールを後で行う場合の製品のダウンロード (Installation, Licensing, and Activation)を参照してください。インストーラーを使用してファイルをダウンロードする場合は、次のオプションを選択します。

  • クラスター マシンの適切なオペレーティング システムを選択する。

  • ダウンロードする製品をすべて選択する。MATLAB Parallel Server は、インストールされていない製品を必要とするジョブを実行できません。

MATLAB Parallel Server には 3 つのサーバー側コンポーネントがあります。

  1. ライセンス マネージャー。各ワーカーの使用する MATLAB Parallel Server ライセンスをホストします。詳細については、ヘッド ノードへのソフトウェアのインストールを参照してください。

  2. MATLAB ジョブ スケジューラ。ヘッド ノードで実行され、クラスター上のジョブを管理します。詳細については、ヘッド ノードへのソフトウェアのインストールを参照してください。

  3. MATLAB Parallel Server。計算ノード上で実行されます。詳細については、ワーカー ノードへのソフトウェアのインストールを参照してください。

ヘッド ノードへのソフトウェアのインストール

前の手順で取得したオフライン インストーラーを使用します。オフラインでのインストール手順の詳細については、製品のオフライン インストール (Installation, Licensing, and Activation)を参照してください。

  1. ライセンス マネージャーと MATLAB ジョブ スケジューラをホストするコンピューターを選択します。このコンピューターがヘッド ノードになります。

  2. インストール ファイルの入手で取得したインストール ファイルから MATLAB インストーラーを起動します。

  3. [ファイル インストール キーを使用する] を選択し、プロンプトの指示に従います。

  4. ライセンス マネージャーを含むすべての製品を選択します。

  5. ライセンス ファイルの手順で、license.lic ファイル (MATLAB Parallel Server ライセンスのアクティベーションから取得) を参照します。

  6. ライセンス マネージャーを起動します。

このライセンスでは MATLAB をワーカー ノードまたはヘッド ノードから実行することができません。インストール環境をテストする場合は、次の設定を完了し、MATLAB クライアントと MATLAB Parallel Server クラスターの接続の手順に従います。

ワーカー ノードへのソフトウェアのインストール

この手順はヘッド ノードへのソフトウェアのインストールと同様です。オフラインでのインストール手順の詳細については、製品のオフライン インストール (Installation, Licensing, and Activation)を参照してください。

  1. インストール ファイルの入手で取得したインストール ファイルから MATLAB インストーラーを起動します。

  2. [ファイル インストール キーを使用する] を選択し、プロンプトに従います。

  3. すべての製品を選択します。ただし、ライセンス マネージャーはインストールしないでください。

  4. ヘッド ノードから取得した license.dat ファイルを使用します。このファイルは matlabroot/etc フォルダーから取得できます。ここで、matlabroot は MATLAB のインストール フォルダーです。

最高のパフォーマンスを得るには、各ノードでローカルにインストールします。ただし、ネットワーク共有の場所にインストールすることもできます。時間を節約するために、ワーカー ノードで非対話モードによるインストール (サイレント インストール) を実行できます。詳細については、非対話的インストール (サイレント インストール) (Installation, Licensing, and Activation)を参照してください。

Admin Center による MATLAB ジョブ スケジューラの構成

MATLAB ジョブ スケジューラは MATLAB Parallel Server に付属のスケジューラです。MATLAB ジョブ スケジューラは MATLAB ジョブのみを実行する中小規模のクラスターを主な対象にしています。スケジューラ インターフェイスは高度に抽象化されており、計算リソースにジョブを投入することができます。そのため、オペレーティング システムと環境の差異に対処する必要がありません。

  1. ヘッド ノードで Admin Center を起動します。matlabroot/toolbox/distcomp/bin を参照し、admincenter という名前のファイルを実行します。matlabroot は MATLAB のインストール フォルダーです。

  2. [追加または検索] をクリックし、ヘッド ノードおよびワーカー ノードとして使用しているコンピューターを指定します。

  3. プロンプトに従って、mjs サービスの起動を確定します。必要に応じて、コマンド ライン インターフェイスを使用して mjs サービスを手動で起動します。詳細については、コマンド ライン インターフェイスの使用 (Windows)またはコマンド ライン インターフェイスの使用 (UNIX)を参照してください。

  4. [MATLAB ジョブ スケジューラ] セクションで [起動] をクリックします。MATLAB ジョブ スケジューラの名前を指定し、ドロップダウン リストからヘッド ノードを選択します。

  5. MATLAB Parallel Server ワーカーを追加するには、Admin Center の [ワーカー] セクションにある [起動] をクリックします。

    1. ワーカーをホストするコンピューターを選択します。

    2. コンピューターごとのワーカー数を選択します。

  6. 構成を検証するため、[ワーカー] セクションでワーカーの状態を確認します。

  7. 問題のトラブルシューティングを行うには、[ホスト] セクションの [接続性のテスト] をクリックします。

  8. UNIX を使用している場合は、起動時に mjs サービスが自動的に起動するように構成します。詳細については、mjs サービス、MATLAB ジョブ スケジューラおよびワーカーの起動 (コマンド ライン)を参照してください。

次のスクリーンショットは Admin Center の最終的な構成を示します。

メモ:

構成中に詳しいヘルプが必要な場合 (クラスターにファイアウォールの構成が必要、複数の mjs インストール環境の設定など) は、このより詳細なガイドMATLAB ジョブ スケジューラを統合するための詳細オプションの設定を参照してください。

MATLAB クライアントと MATLAB Parallel Server クラスターの接続

MATLAB Parallel Server を使用するには、MATLAB と Parallel Computing Toolbox を実行しているクライアント コンピューターを使用しなければなりません。MATLAB ツールストリップで [並列][クラスターの検出] を使用し、指示に従ってクラスターを自動的に検出して設定します。あるいは、次のように手動で構成することもできます。

  1. MATLAB の [ホーム] タブで [並列] メニューを選択します。[クラスターの作成と管理] を選択します。

  2. [クラスター プロファイルの追加][MATLAB ジョブ スケジューラ] をクリックします。

  3. MATLAB ジョブ スケジューラ プロファイルの名前を変更するには、プロファイル名をダブルクリックします。

  4. プロファイルを編集するには、プロファイルを選択し、ツール バーで [編集] をクリックします。

  5. [ホスト] フィールドに、ヘッド ノードのホスト名を入力します。

  6. [完了] をクリックします。次の図に構成後の MATLAB ジョブ スケジューラ クラスター プロファイルを示します。

  7. このプロファイルを既定にするには、[既定に設定] を選択します。

  8. クラスター プロファイルを [検証] します。

クラスターの検証に成功したら、MATLAB セッションは MATLAB Parallel Server クラスターにジョブを投入できます。

メモ:

検証をパスしなかった場合は、MathWorks インストール サポート チームにお問い合わせください。

クラスターに、より詳細なオプションを構成するには、MATLAB ジョブ スケジューラ クラスターのカスタマイズを参照してください。たとえば、MATLAB ジョブ スケジューラ クラスターのセキュリティの設定ではクラスターのセキュリティを設定できます。構成が完了したら、クラスターおよびクラウドでのコードの実行のクラスター ワークフローの例を試してください。

関連するトピック