Main Content

インストールを後で行う場合の製品のダウンロード

すぐにインストールを実行せずに (同じコンピューターまたは別のコンピューターのいずれでも)、製品をダウンロードします。この手順は、後で 1 台以上のコンピューターに MathWorks® 製品をインストールする場合に便利です。インストール先のコンピューターには、インターネット接続があっても、オフラインでもかまいません。MathWorks アカウントにリンクされたライセンス (評価版ライセンスも含む) の管理者でなければなりません。

始める前に、System Requirements for MATLAB を確認してください。

インストーラーと製品をダウンロードした後は、ダウンロードした場所からいつでも MathWorks 製品をインストールできます。ファイル インストール キーを使用する場合は、ダウンロードした製品ファイルがインストーラー ファイルを含み、ネットワーク接続のないコンピューターからアクセスできる場所にあることを確認します。

ターゲット コンピューターがインターネットに接続されていない場合は、ファイル インストール キーを使用した製品のインストールの手順に従って製品をインストールします。

手順 1: インストーラーと製品ファイルのダウンロード

MathWorks アカウントにサインインします。2 段階認証を有効にしている場合 (MathWorks アカウントで) は、主な方法に送信された認証コードを入力します。

  1. MathWorks のダウンロード ページで、リリース、およびダウンロードに使用するコンピューター (ターゲット コンピューターではありません) のプラットフォームを選択します。

  2. インストーラーを起動します。アプリによる変更を許可するかどうかを尋ねるプロンプトが表示されたら、[はい] と回答します。

  3. 再びプロンプトが表示された場合は、MathWorks アカウントにサインインして、MathWorks ライセンス許諾書に同意します。

  4. インストーラーで、[詳細オプション][インストールせずにダウンロードする] を選択します。

手順 2. 保存先フォルダーの選択

インストーラーと製品ファイルのダウンロード先にするフォルダーへのパスを入力します。

フォルダー名を指定するときには、次の条件があります。

  • 任意の英数字に加えて、アンダースコアなどの一部の特殊文字を使用できます。

  • 英語以外の文字は使用できません。

  • フォルダー名に無効な文字を含めることはできません。また、保存先の名前を "private" にすることはできません。

保存先フォルダーは絶対パスでなければなりません。

手順 3. プラットフォームの選択

MATLAB® をインストールするコンピューターのプラットフォームを、Windows®、Linux®macOS から選択します。

複数のプラットフォームを選択できます。ダウンロード時に、プラットフォーム別のフォルダーが作成されます。

手順 4: 製品の選択

[製品選択] リストに、リンクされたすべてのライセンスについて、使用可能なすべての製品が表示されます。

  • 特定の製品をターゲット コンピューターにインストールできるようにするには、名前の横のチェック ボックスをオンにします。MATLAB は既定で選択されています。

  • 特定の製品をターゲット コンピューターにインストールしない場合は、名前の横のチェック ボックスをオフにします。

  • 選択した製品のいずれかが、選択していない製品に依存する場合、製品の依存関係に関する警告が表示され、依存する製品を追加するように求められます。

    依存する製品はオプションであり、追加するか、追加しないかを選択できます。しかし、依存する製品なしでも選択した製品をインストールできますが、必要な機能の一部にアクセスできない場合があります。

  • 必須の製品はインストールしなければなりません。

ソフトウェアをインストールするときにインストール可能な製品は、ライセンスで許可されているものによって決まります。

手順 5. 選択内容の確認とダウンロード

  1. ダウンロードの選択内容のまとめを確認します。設定を変更するには、ナビゲーション バーのトピックをクリックします。ダウンロードを実行するには、[ダウンロードの開始] をクリックします。

  2. ダウンロードが完了したら、[終了] をクリックします。

    インストーラーによってあらかじめ選択されているオプションでは、[終了] をクリックした後、ファイル ブラウザーが開き、ダウンロードしたファイルが表示されます。このフォルダーを自動的に開かないようにするには、[ダウンロード フォルダーを開く] を選択解除してから [終了] をクリックします。

手順 6. インストーラーと製品ファイルの移動

製品ファイル (インストーラー ファイルを含む) をターゲット コンピューターまたはアクセス可能な場所 (USB ドライブ、ネットワーク共有フォルダーなど) にコピーします。

製品ファイルが格納されているフォルダーに、以下が含まれていることを確認します。

  • フォルダーのルートに、ターゲット プラットフォーム向けのインストーラー ファイル:

    • Windowssetup.exe

    • Linuxinstall

    • macOSInstallForMacOSX

  • アーカイブ サブフォルダー

    アーカイブ サブフォルダー内のファイルが 3 個未満である場合は、必要なファイルが不足している可能性があるため、再びファイルをダウンロードしなければなりません。

次のステップ

実行する手順は、ターゲット コンピューターにインターネット接続があるかどうかによって決まります。

関連するトピック