ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

makehdr

ハイ ダイナミック レンジ イメージを作成

構文

HDR = makehdr(files)
HDR = makehdr(files, param1, val1,...)

説明

HDR = makehdr(files) は、files のセル配列にリストされている空間的に登録されたロー ダイナミック レンジ イメージの集合から単精度のハイ ダイナミック レンジ イメージを作成します。makehdr は、最も明るいイメージと最も暗いイメージ間の中間の露光値を、ハイ ダイナミック レンジの計算に対して、基本露光として使用します (この値は、特定のファイルにある必要はありません。この中間の露光値の計算方法についての詳細は、アルゴリズムを参照してください)。

    メモ:   この構文を使用して makehdr を呼び出す場合、ロー ダイナミック レンジ イメージのファイルに exif 露光メタデータが含まれていなければなりません。

HDR = makehdr(files, param1, val1,...) は、イメージ作成においてさまざまな特性を制御するパラメーターと対応する値を指定し、files 内のロー ダイナミック レンジ イメージからハイ ダイナミック レンジ イメージを作成します。パラメーター名は省略形でも構いません。大文字と小文字は区別されません。

    メモ:   一度に使用できるパラメーターは、BaseFileExposureValues または RelativeExposure のいずれか 1 つだけです。

パラメーター説明
'BaseFile'基本露光として使用するためのファイル名を含む文字配列。
'ExposureValues'セル配列 files 内のロー ダイナミック レンジ イメージごとに 1 つの要素をもつ露光値のベクトル。1 つの露光値 (EV) の増加は二重露光に対応し、1 つの EV の減少は二分割線に対応します。任意の正の値を受け入れます。このパラメーターは、EXIF 露光メタデータをオーバーライドします。
'RelativeExposure'セル配列 files 内のロー ダイナミック レンジ イメージごとに 1 つの要素をもつ相対露光値のベクトル。0.5 の相対露光 (RE) をもつイメージには、1 の RE をもつイメージの半分の露光値があります。3 の RE 値には、1 の RE をもつイメージの 3 倍の露光値があります。このパラメーターは、EXIF の露光メタデータをオーバーライドします。
'MinimumLimit'最小の正しい露光値を指定する範囲 [0 255] の数値のスカラー値。それぞれのロー ダイナミック レンジ イメージに対して、より小さい値をもつピクセルは露光不足になると考えられ、最後のハイ ダイナミック レンジ イメージには寄与しません。
'MaximumLimit'最大の正しい露光値を指定する範囲 [0 255] の数値のスカラー値。それぞれのロー ダイナミック レンジ イメージに対して、より大きい値をもつピクセルは露光過度になると考えられ、最後のハイ ダイナミック レンジ イメージには寄与しません。

同じ絞り値 (f-stop number) を共有し、異なる露光時間をもつ 6 つの一連のロー ダイナミック レンジ イメージからハイ ダイナミック レンジ イメージを作成します。HDR イメージを表示するために tonemap を使用します。

files = {'office_1.jpg', 'office_2.jpg', 'office_3.jpg', ...
         'office_4.jpg', 'office_5.jpg', 'office_6.jpg'};
expTimes = [0.0333, 0.1000, 0.3333, 0.6250, 1.3000, 4.0000];
 
hdr = makehdr(files, 'RelativeExposure', expTimes ./ expTimes(1));
rgb = tonemap(hdr);
figure; imshow(rgb)

アルゴリズム

関数 makehdr は、ファイルに格納されているか 'Exposurevalues' パラメーターを使用して指定された口径およびシャッター速度のメタデータに基づいて、各イメージの露光値 (EV) を計算することによって中間の露光値を計算します。仮想または実際の中間イメージの EV が、基本露光として使用されます。したがって、中間の露光は最大の EV と最小の EV の平均であり、実際の明るさの平均ではありません (EV には非線形で幾何学的な性質があるため)。

参考文献

[1] Reinhard, et al. "High Dynamic Range Imaging." 2006. Ch. 4.

R2008a で導入

この情報は役に立ちましたか?